毎年大阪・光の饗宴が開催され、osaka光のルネサンスが有名なところでしょうが、同じく広く周知されているものに、御堂筋のイルミネーションがあります。

 

このイルミネーションを見るために遠方からの来場者がいるほどで、大阪府の誇る最大規模のそれを鑑賞することができますので、時間を見つけての来場をおすすめします。

御堂筋のイルミネーションについて。

イルミネーション

 

2014年の出来事になりますが、この御堂筋のイルミネーションが、最も多く街路樹に灯したということで、ギネスブックに認定されている、地元で知られた有名なスポットとなります。

 

御堂筋は、阪神前交差点から難波西交差点までの全長4kmほどの距離になり、人が歩くだけでも30分以上かかる長さとなります。

 

 

この長い距離を最大限活かすために8つの区間に分けて、それぞれ違った演出のイルミネーションとなるような工夫がされています。

 

8つの区間ですが、いかのようになっています。

 

1 水都ブルー
2 御堂筋イエローミックス
3 水都ブルー
4 シャンパンゴールドミックス
5 ホワイト
6 御堂筋コーラル
7 シャイニーピンク
8 御堂筋パープル

 

この装飾によって、普段の大阪市内とは様変わりした神秘的な街灯を灯します。

 

そして厳しい冬の夜空に、くっきりと映える彩りがその来場者の心を打ち、一年の終わりの思い出の一つとして記憶づけられることでしょう。

 

日程や開催時間について。

御堂筋イルミネーション

 

最後に開催日程や開催時間ですが、osaka光のイルミネーションとはバラバラですので、注意が必要です。

 

御堂筋イルミネーション2016は、11月20日(日)~2017年1月9日(月)となり、時間は17:00~23:00までと深夜近くまで開催しています。

 

なので、平日休日でも焦る必要はないですし、ディナーの後でも御堂筋のイルミネーションを十分堪能することができます。

 

もちろん寒さに気を付けることはもっともですが、いい思い出になるイルミネーションになれば幸いです。