大阪府を代表するほどのイルミネーションがある、osaka光のルネサンス2016が冬に差し掛かり、時期的にそろそろ点灯に向かう時期となりました。

 

大阪城からも比較的近いので、その観光の締めくくりとしても重宝するので、時間やアクセス場所を確認し、見学に赴いてほしいところです。

osaka光のルネサンス2016と大阪・光の饗宴について。

osaka光のルネサンス

 

osaka光のルネサンスは、2003年の初開催を迎え2016年で14回目を迎えることになり、もはや大阪の風物詩として定着を図ることに成功したイベントとなります。

 

大阪のど真ん中にあり、大阪城から徒歩圏内にある場所で、また秋の大阪マラソンが開催された場所からも近く、たとえ冬であったとしても行事に困ることのないと言えるでしょう。

 

osaka光のルネサンスは元々、大阪・光の饗宴2016のイベント内の企画の一環で、こちらの方は、大阪市役所と中之島公園を結ぶルートで開催されることになります。

 

大規模な試みとなるウォールタペストリープロジェクトマッピングなど、華やかでかつ荘厳、そして煌びやかなイルミネーションが見られること請け合いのものでしょう。

 

開催概要や最寄り駅、アクセスについて。

イルミネーション

 

肝心の開催の概要ですが、2016年は12月14日(水)~12月25日(日)までの期間で行われます(大阪・光の饗宴自体は2017年1月9日(月)まで)。

 

時間は、17:00~22:00(11月20日~12月13日は~23:00)の予定となっていいて、じっくり見れるほどの余裕がありましょう。

 

会場となる場所は、大阪市北区大阪市役所から中之島公園一帯となります。

 

 

公共交通機関を利用した場合は、地下鉄・京阪本線淀屋橋駅・北浜駅、京阪中之島線なにわ橋駅からの徒歩圏内となりますが、上記の通り、なにわ橋駅が最寄り駅となりますので、おすすめでしょう。

 

この10日程度のイルミネーションを見るために、毎年290万人ほどの人が駆けつけているので、人で溢れかえるほどの混雑となりますが、年に一度のイルミネーションということで、是非一度観ておくといいのではないでしょうか。

 

2016年を締めくくる思いでの一つになるはずです!