東京の中目黒で行われる2016年冬のイルミネーションですが、およそ有名なのが目黒川のそれになります。

 

中目黒にお越しの際は、日程や時間に気を付けつつ、目黒川のイルミネーションを堪能できればと思います。

中目黒のイルミネーションの場所や開催日程はいつまで?

 

中目黒を流れる世田谷区、目黒区および品川区を流れる川を目黒川と呼びますが、そこで行われているイルミネーションですが、イベント名が設けられており、「目黒川みんなのイルミネーション」となっています。

 

目黒川みんなのイルミネーションでは、五反田ふれあい水辺広場(東京都品川区東五反田2-9)がメイン会場となっています。

 

アクセスですが、JR五反駅もしくは大崎駅を下車し、5~10分程度の徒歩移動で到着します。

 

 

中目黒の目黒川は、春のお花見をはじめ、夏の花火、そして秋の紅葉と年中注目される場所となり、様々なイベントが行われています。

 

そして冬ではイルミネーションが点灯し、煌びやかに夜空を彩ることになります。

 

肝心の日程ですが、点灯式が2016年11月18日(金)に済まされ、翌年の2017年1月9日(月)まで行われることになります。

 

時間は、毎日17:00~21:00までの4時間となっています。

 

その他の冬のイルミネーションと比べそこまで長い間行っていないので、できるだけ早い時間帯に現地を赴くとよろしいかと思います。

 

イルミネーション2016の様子について。

 

中目黒の、目黒川のイルミネーションですが、その華やかさから、冬の桜とも呼ばれています。

 

目黒川を中心にして、両端の木々に備え付けられたピンク色のライトが綺麗に光って、とてもいい雰囲気を演出しています。

 

 

 

 

距離にして2.2kmと、他の場所で開催しているイルミネーションスポットよりも長いので、同様に長い時間楽しめることかと思います。

 

冬の旬となるクリスマスの日程中心に、デートコースとして人気を博すものとなりそうですね。