北海道札幌市で行われる、さっぽろ雪まつり2016が、

2月5日から最長18日まで開催されるものとなっています。

 

雪まつりの中でも、日本一の知名度を誇るお祭りで、

本州の人も多くの人が参加されることかと思います。

 

現状明らかとなっている、日程や期間、そしてイベントはどうなっているかについて

紹介していきたいと思います。

さっぽろ雪まつり2016の日程や期間について。

 

さっぽろ雪まつりの日程や期間ですが、

会場の施設によって違ってきます。

 

大通・すすきの会場では、

2月5日(金)~11日(木・祝)まで、

つどーむ会場では、

2月5日(金)~18日(木)までとなります。

 

前者が一週間、後者が二週間と、

つどーむ会場の方が一週間長く開催されることとなります。

 

ただ現実として大通・すすきの会場の最終日が、

来場者数などの数字上のピークを迎える可能性が高くなります。

 

さっぽろ雪まつり2016に参加される場合には、

やはり両者の会場を巡りたいでしょうし、

同時開催している時期に訪れることをお勧めします。

 

さっぽろ雪まつり2016のイベントについて。

 

さっぽろ雪まつり2016の開催も近づいてきており、

公式発表のイベントで注目すべきものに、

第43回国際雪像コンクール市民雪像人気投票がありましょう。

 

第43回国際雪像コンクールでは、

フィンランド、インドネシア、マレーシアなどといった世界各国から

12チームが参戦し、雪像のクオリティにおいて競い合うことになります。

 

2月4日に開催され、7日までに完成し、翌日8日に審査表彰という日程です。

 

完成品が観たいという場合には、8日もしくはそれ以降であれば、

基本的に大丈夫なため(時間経過による倒壊はありえますが)、

そちらの方をお勧めしておきます。

 

ちなみに以下の画像で、2015年の優勝国の雪像となります。

 

 

タイのバイクを用いたタクシーみたいなものでしょうか。

 

しかも芸が細かく、精巧につくられていることがわかります。

 

 

次に市民雪像人気投票ですが、

さっぽろグルメクーポン」というスマホアプリを活用し、

市民がつくった雪像の人気投票を行う企画です。

 

上位3グループが表彰され、次回参加資格や副賞などが授与される模様です。

 

前年となる2015年の優勝作品は以下のものになります。

 

 

時期としては2月5日(金)から9日(火)までとなっていますので、

その期間の土日が大きくにぎわうことと思われます。

 

直近になれば、さらに追加のイベントも起こり得るかと思いますので、

わかり次第情報更新していきたいところであります。