例年10月に開催される北区花火大会ですが、2016年も同様に開催されることになります。

 

赤羽駅からほど近い荒川河川敷を舞台にしていることから、

埼玉県民も来客しやすい場所である点がなかなか評価の高い点ではないでしょうか。

 

穴場スポットをはじめ、有料観覧席、駐車場情報についてお知らせします。

日程や概要について。

%E3%81%84%E3%81%9B%E3%81%95%E3%81%8D%E8%8A%B1%E7%81%AB%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 

日程 2016年10月8日(土) 12時~20時30分

場所 荒川河川敷・赤羽岩淵水門

 

北区花火大会は、毎年およそ5万人が来場する花火大会となり、

会場周辺はある種のお祭り騒ぎの様相を呈しています。

 

この北区花火大会は、2016年開催で第5回目を迎える新設のものとなり、

今後徐々に成長していくことでしょう。

 

花火に関してはおよそ18時30分からの1時間で計5000発の花火が打ち上げられますが、

それだけでなく、ステージイベントやゴスペル音楽といったものも催されることになり、

単純な花火大会ということではありません。

 

およそ半日丸々楽しめるイベントですので、

時間の都合がよろしければ、参加してみるのもありかと思います。

 

見どころとなる花火情報について。

kanmon

 

1時間にわたって5000発ほどの花火が、

荒川と隅田川の打ち上げ場所から放出されることにありますが、

王道の2尺玉4尺玉だけでなく、新しいとされる音楽に合わせて花火を打ち上げる音楽花火

凄まじい速度で同時に花火を上げるスターマインが見どころとされています。

 

なお花火には、各々プログラムが用意されており、

そのテーマや趣旨に合わせた花火が用意されることになります。

 

2015年では、4つの幕があり、「緑の季節/早春の荒川」、「煌く季節/淡色の風景」、

もゆる季節/夢の景色」、そして「四季おりおり/音の余韻」というテーマがありました。

 

2016年はまた新たな装いを基に、よりパワーアップした花火になることを期待したいですね。

 

屋台やイベントについて。

 

北区花火大会では、北区にある駅で栄えているJR赤羽駅からのアクセスということもあり、

駅周囲に観覧コースが設けられており、花火だけでなく街一帯を通じて楽しめる

ものにしようという意図があるのではないでしょうか。

 

3050c939366a688c568340adcafedc9d

 

赤羽駅の駅前は東京の街並みを揃えつつ、多少距離が開くと少々田舎っぽさ、下町っぽさ

両方を兼ね備えた感があるかと思います。

 

1番街コース東本通りコースLaLaガーデンコースの3種類設けられていますので、

午後の早々に現地入りして、本番の花火前に周囲を散策して楽しむのもいいでしょう。

 

前述のように毎年様々なイベントが用意されており、

地元のゴスペル、アカペラサークルが出張ったり、またお祭りには欠かせない太鼓同窓会らの

演出も楽しめることから、各々好みに合ったものに参加することをおすすめします。

 

さて屋台についてですが、またまだお祭り自体が発展途上ということもあり、

人気の花火大会やお祭りのそれほどではありませんが、出店はそこそこあると思われます。

 

特に北区はおでんが一種の名産、名物としていて、

毎年10月10日おでんの日として、その日から1か月強化月間となるようです。

 

b0377a029b95feb237a9235d31774341

 

よって北区花火大会でもおいしいおでんが屋台の出店として用意されるでしょうし、

是非会場で食べないといけないでしょう。

 

屋台ではないですが、一番街コース上に丸健水産というお店があり、

数ある中でも人気店として評判で、築地直送の新鮮な魚でつくった「はんぺん」は、

農林水産省から表彰されるレベルということで、おでんと共に食してみてください。

 

有料席や穴場スポットについて。

 

北区花火大会には、有料席が用意されていますので、

場所取りせずに、いい場所で観たいとう場合におすすめできます。

 

毎年8月中旬、20日前後に有料席の申し込みが開始されますので、

その時期には公式にアクセスする必要があります。

 

有料席の種類と場所は以下の通りとなります。

 

0a15145dfffa8e0fa88d8072bab0fbc2

 

シート名 定員 料金(円) 開場 備考
グループシートA 4名 10,500 16:00 ブルーシート区画指定席
グループシートB 8名 21,000 16:00 ブルーシート区画指定席
パーソナルシート 1名 2,700 16:00 土手斜面階段席指定席
カップルシート 2名 8,500 16:00 イス指定席ひざ掛け1枚付き
ファンゾーン 1名 1,000 12:00 音響なし自由席
エキサイティングシート 1名 18,000 16:00 音響なしイス席
カメラマンシート 1名 10,000 16:00 音響なしイス席

 

有料席の場合、花火の打ち上げ会場から非常に近い位置にあるため、

なかなかいいスポットになることは間違いないようです。

 

基本的に複数名だとブルーシート、個人であれあばイス席という具合になり、

料金設定も相場よりも若干高いような気もしますが、まずまずかと思います。

 

チケットぴあはじめ、事務局や地元の商店街でも有料席のチケットを購入できるようなので、

予定を確保次第、席を予約してみてはいかがでしょうか。

 

有料席によって絶景の観賞場所を確保する以外に、穴場となる観覧場所を

求めることもまたありますので、お伝えしたい思います。

 

穴場といわれる場所となれば、いわゆる会場近辺で運行する船の上になりましょう。

 

水上バスでも、屋台船でもいいわけですが、ただあまりに会場近くに寄せてしまうと、

警察の注意が入りますので、その点は配慮の必要があります。

 

陸の穴場スポットとなると、荒川の対岸沿いがそれに該当するでしょう。

 

例えば、川口パブリックゴルフ場近辺でしょうか。

 

流石に無断でゴルフ場の敷地内に入るわけにもいかないので、

その外になりますが、それでも穴場と言えるものと思われます。

 

観賞場所に迷われたら、検討されるといいでしょう。

 

アクセスや駐車場について。

 

北区花火大会でのアクセスですが、都内ということもあり、

大半が電車での移動になろうかと思います。

 

埼玉方面から来場するのに車でと言う方がぼちぼちいる程度でしょう。

 

車での来場ですが、ほぼ全日にわたり交通規制もあり、

会場近辺が人通りに混雑が見られるばかりか、車渋滞が発生したりします。

 

近辺のコインパーキングに止めることが中心となりましょうが、

すぐに満員になるので、ある程度距離を置いたところがいいでしょう。

 

navi

 

ちなみに交通規制では、以下のように区間があり、

その一帯では当日車の侵入はできなくなりますのでご注意ください。

 

1266279f3c0a214a05543b8717f22aa7

 

当日快晴で北区花火大会を迎えらればいいですね。