千葉県で有名な成田の名を冠する成田花火大会2016が、毎年10月に開催されます。

 

のどかな環境を持つ成田市で、打ち上げられる花火は非常にきれいであると評判です。

 

澄んだ空気があり、かつ清閑な環境あってのことだと思いますが、

近くに印旛沼があったりと素質は十分でしょう。

 

今回その成田花火大会の魅力について見ていきます。

日程や概要をご紹介。

IMG_8186

 

日程 2016年10月15日(土) 19時~

場所 千葉県成田市台方 ニュータウンスポーツ広場

 

10月に突入し、時期的に夏の暑さが過ぎ去り、本格的に秋の季節の到来となりますが、

ちょっと遅めの納涼のための花火大会でしょう。

 

成田花火大会には、地元や他の市からの来場者合わせて、およそ10万人ほどが、

現地会場へ詰めかけるということで、お祭り騒ぎのイベントでしょう。

 

成田花火大会の目玉は何といっても花火!

144196373_624

 

成田花火大会で打ち上げられる花火の数は、毎年10000発以上あり、

それぞれがテーマを持った、優れた花火であります。

 

2010年には、グッドデザイン賞を受賞したということで、

地元にとっても誇らしい花火大会となります。

 

例えば、2尺玉、4尺玉花火をはじめ、音楽に合わせて花火打ち上げる音楽花火、

音楽だけでなく、色にもこだわりを追求した、4部構成の花火ファンタジアというプログラム

も成田花火大会に参加されるのであれば、まず見逃すことはできないでしょう。

 

そして目玉とされる毎年このイベントのために用意されたスペシャル花火の演目、

NARITA黄金伝説プログラムを以て締めとなります。

 

特に「錦冠」と「銀色冠」による金銀交えた花火が、

今年も観客の思い出に残る素敵なアーチを描き出すことになりましょう。

 

有料席とそのチケットについて。

 

成田花火大会では、有料席が設けられており、

希望があれば有料席のチケットを確保されてもいいのではないでしょうか。

 

【SS会場】(指定区画席)25,000円 4名分
【S会場】(指定区画席)18,000円 4名分
【A会場】(指定区画席)12,000円 4名分
【A会場】(椅子席)3,500円 1名分
【B会場】(自由区画席)7,000円 4名分
【C会場】(自由席)5,000円 2名分

 

各々の有料席についてですが、指定区画席と自由席には桟敷席が用意されています。

 

桟敷(さじき)席とは

祭りの行列や花火の見物などのために一段高くつくった板敷きの見物席

 

SもしくはSS会場となると、一般的な相場となる一人2000~3000円程度を超えるので、

割高感がありますが、より見やすい場所に配置されているようなので、

資金的に余裕があればおすすめしたいところです。

 

チケットの販売は、NARITAHANABI11公式で8月1日(月)から提供されるようです。

 

チケットの獲得方法には、3つあり、

  1. 専用フォームでの申し込み
  2. チケットぴあでの申し込み
  3. ウォーカープラスチケットでの申し込み

いずれかの手段で申し込みいただければと思います。

 

アクセスや交通規制について。

 

成田花火大会は、毎年10万人相当の来場者数を見込んでいることとなり、

会場近辺は、車や人にとり混雑が見込まれます。

 

できれば公共交通機関を用いての来場が好ましいでしょう。

 

電車でのアクセス

JR成田駅より千葉交通バスはなのき台行きで12分

もしくは成田スカイアクセス

京成成田湯川駅より千葉交通バス(直行)はなのき台行きで9分、終点下車、徒歩15分

 

車でのアクセス

東関東自動車道富里ICより7Km15分

 

車の場合については、交通規制が敷かれることもあり、より注意が必要です。

 

ちなみに2015年のものになりますが、以下交通規制の対象区域と時間となります。

 

kisei

 

お祭り当日では、会場一帯で、車の侵入が禁止されているので、

ちょっと離れたところに車を駐車することをおすすめします。

 

なお駐車場ですが、臨時駐車場などは用意されていないため、

離れた場所で止められえるところに置いた上で、来場が必要なため、注意ください。

 

navi