神奈川県座間市で行われる座間ひまわり畑の開放情報についてお知らせします。

 

7月及び8月において、ひまわりの花の観賞やその他のイベントが催されることになります。

 

見どころとなるひまわり畑の開花状況やアクセス、駐車場についてお知らせします。

座間ひまわり畑2016 日程や概要について。

b018492020090526072743

 

日程 栗原会場 2016年7月21日~26日

座間会場 2016年8月11日~16日

場所 神奈川県座間市相武台3-42-46

 

座間市とひまわりの関係ですが、1969年とおよそ46年ほど前から県花に制定され、

ひまわりを推した政策を打ち出しています。

 

平成5年からですが、農協青壮年部が荒廃地、遊休農地をひまわり畑に転換し、

今の広大なひまわり畑を形成するに至っています。

 

総面積ですが、5.5ha(1ha=10000㎡)ほどになり、

東京ドームが4.7haに相当しますので、ドーム1個分の広さを誇っています。

 

座間ひまわり畑2016 開花状況やひまわりについて。

e0077521_1358460

 

座間市では、ひまわりを植える時期を微妙に差をつけることで、

2か月にわたりひまわりを鑑賞できるようにしています。

 

7月にには栗原会場へ、8月の場合は座間会場とひまわり畑には変わりまりませんが、

それぞれ場所が異なっている点に注意ください。

 

ただし栗原会場はひまわり10万本、座間会場は45万本植えられていることから、

最大限の魅力を味わうには座間会場が開く8月を強く推奨したいです。

 

さて当日会場に来場いただくことを想定して、

ひまわりの関連商品の即売会に注目いただきたいです。

 

ひまわりは基本観賞用となりますが、上手く加工すれば食用にも転化が可能で、

お菓子をはじめ、お米や豆腐、お酒にもされているようです。

 

2217-1-20160404110640_b5701cc3043c25

 

どれも非常においしそうですね。

 

お菓子中心の展開かと思いますが、お土産に是非1つ買っていかれるといいでしょう。

 

さてひまわり畑の開花状況ですが、6月末の執筆時点では、

まだまだ満開には程遠い状況となります。

 

しかしながら、例年の状況を鑑みると、会場が開きお祭りが開催される頃には、

見ごろを迎えるようにしっかり座間市の方で管理されているので、

安心して会場に向かわれるといいでしょう。

 

開花状況について心配であれば、公式やツイッターで他の方のツイートで、

状況を判断したりするとよろしいかと思います。

 

座間ひまわり畑2016 アクセスや駐車場について。

 

座間ひまわり畑へのアクセスですが、前述の通り時期により会場が異なります。

 

まずは栗原会場からになります。

 

43403d550945d5c2f955d633c4c27e2c

 

電車でのアクセス

小田急線相武台前駅もしくは相鉄線さがみ野駅下車

バス南林間駅行き、座間総合高校もしくは、

ざがみ野北口壱岐、北向庚申前下車徒歩数分

 

車でのアクセス

圏央道圏央厚木ICより15分

東名高速横浜町田ICより20分

 

次に座間会場へのアクセスです。

 

9e83c20c2534742403e29fba251be232

 

電車でのアクセス

小田急線相武台前駅より無料のシャトルバス(9時~15時30分まで30分間隔)

小田急線座間駅より座間四谷行神社前下車徒歩数分

JR相模線相武台下駅もしくは入谷駅より徒歩15~20分

 

車でのアクセス

圏央道圏央厚木ICより15分

東名高速横浜町田ICより20分

 

どちらの会場についてもですが、運営側で臨時の駐車場が用意されています。

 

ただ駐車場のスペースがそこまで大きくないこと、

当日の交通規制及び混雑、渋滞の発生見込みから、

出来る限り公共交通機関を利用されてのお出かけがよろしかと思います。

 

また両者には無料のシャトルバスがありますので、

そちらの利用を上手く使いこなすと、移動が楽になりますので、是非活用ください。

 

navi