国営となる立川の昭和記念公園のひまわりが、

2016年も例年のごとく畑一面に咲きほこります。

 

見頃となる時期や開花状況について見ていきたいと思います。

昭和公園ひまわり2016 日程や公園について。

showa01

 

時期 8月上旬~下旬

場所 東京都立川市緑町3173

 

昭和記念公園は、明治天皇御在位50周年を記念して建設されたものとなり、

国の管轄下で営業されている公園となります。

 

立川市ながらも敷地面積165haという膨大な規模を誇っています。

 

1ha=10000㎡になり、東京ドームが4.7haということから、

東京ドーム35個分に相当します。

 

全部を回りきるのがどれだけ大変かわかるでしょう。

 

昭和記念公園2016 ひまわりの見頃と開花状況について。

b018492020090526072743

 

昭和記念公園に、毎年40000本以上のひまわりが植えられていますが、

見頃となる時期はいかほどになるのでしょうか。

 

ひまわりの開花は一般的に8月上旬~下旬と言われており、

おおよそ中旬に見頃を迎えます。

 

そうなるとお盆の時期を見計らって、ひまわりを鑑賞しに行くというのもいいでしょう。

 

現執筆時点の6月下旬ではまだ花が咲きませんが、

7月下旬になると、ほぼ見頃に近くなります。

 

公式のツイッターやHPで最新の開花状況が明らかになっていますので、

検索した後に、現地へ赴かれるとよろしいでしょう。

 

昭和記念公園へのアクセス、駐車場について。

 

東京都ではありますが、23区から離れており、

電車だけでなく、車の利用もおすすめできるでしょう。

 

車でのアクセス

中央自動車道国立府中ICより8km。

中央自動車道国立府中ICから国道20号線を立川方面へ向かい、日野橋交差点を右折です。

 

電車でのアクセス

JR青梅線西立川駅より徒歩2分

 

 

駐車場についてですが、立川口、西立川口、そして砂川口にあり、

およそ3500台ほど駐車するスペースがあります。

 

駐車料金は、一般車820円、原付・自動二輪車260円となっています。

 

お出かけになる時期や近辺の施設の利用者もいることから、

場合によっては混雑することが見込まれますので、ご注意いただければ幸いでしょう。

 

navi