栃木県芳賀郡益子町で開催される益子ひまわり祭りがあります。

 

このお祭りを取り上げる理由としては、10haにも上るスペースに、

200万本もの膨大なひまわりが並ぶことがあります。

益子ひまわり祭り2016 日程や概要について。

640x640_268367

 

日程 2016年8月上旬~中旬(8月8日~16日)

場所 栃木県芳賀郡益子町上山地区

 

益子ひまわり祭りでは、10haの膨大な領地を使って一面にひまわりを植えている点でしょう。

 

1ha=10000㎡となり、東京ドームは4.7haに相当することから、

およそ東京ドーム2個分というのがウリとなります。

 

全国区で見ても、これだけ贅沢に領地を使ってというのはあまりないので、

相当な訴求力があるのではないでしょうか。

 

ちなみに時期は違いますが、益子町では10月にコスモス祭りも開催される地で、

ひまわり祭りが気に入れば、そちらの方もまた関心が高いでしょう。

 

益子ひまわり祭り2016 展望台や直売場について。

b018492020090526072743

 

ひまわりを鑑賞するにあたって、知っておくとお得な情報としては、

展望台と直売場になります。

 

間近から個別にひまわり畑を見るのもいいですが、

展望台から全体を鑑賞するものまた乙ではないかと思います。

 

展望台の開放には時期があり、8月上旬~下旬までとなります。

 

2015年では8月8日~23日まで開放されていましたので、

益子ひまわり祭り期間中はいつでも利用できるでしょう。

 

加えてお祭り開催期間で、土日であれば直売場が設置されます。

 

そこでは地元の農作物やひまわりを利用した食品であったり、油が

リーズナブルな価格で売られていたりします。

 

お気に召せば、数点買い込んでもいいでしょう。

 

益子ひまわり祭り2016 アクセスや駐車場、渋滞について。

 

益子ひまわり祭りの会場へのアクセスは車が一般的でしょう。

 

車でのアクセス

北関東自動車道真岡インターチェンジから国道294号又は121号経由で約20分

北関東自動車道桜川筑西インターチェンジから県道つくば益子線経由で約20分

東北自動車道宇都宮インターチェンジから国道123号経由で約60分

常磐自動車道水戸インターチェンジから国道123号経由で約60分

 

 

駐車場についてですが、会場近辺の畑を利用できるようで、

収容に関しては概ね問題ないとされています。

 

同様に交通渋滞としても、混雑がそこまで発生するとは聞き及ばないため、

安心して出かけることができましょう。