兵庫県篠山(ささやま)市にて開催されるデカンショ祭りが、

毎年8月ごろ催されることとなります。

 

デカンショというフレーズはあまり耳にしたことのないものかもしれませんが、

この機に知って、都合がつけば、参加してみてもいいのではないでしょうか。

 

このお祭りの見どころが花火ということで、

花火絶景スポットについても取り上げたいと思います。

デカンショ祭り2016 日程はじめ開催概要について。

5708_1

 

日程 2016年8月15日(月)、16日(火) 12時~22時

場所 篠山城跡三の丸広場周辺(兵庫県篠山市北新町)

 

デカンショ祭りですが、2016年において計64回目を迎え、

デカンショ節の総踊りをメインにしたものとなります。

 

なお篠山市は、文化庁により2015年に日本遺産に認定され、

丹波篠山 デカンショ節~民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶

というタイトルで、地方の文化を継承し続けていることが評価されています。

 

さらに舞台となる篠山城で、かつて徳川家康が、豊臣秀吉をはじめとする西側の戦国大名を

警戒するために築城を命令したことにより生まれた城となっています。

 

情緒あふれるこの地で、昔ながらのデカンショ祭りを思う存分堪能したいですね。

 

さて具体的なスケジュールですが、以下のように設定されています。

 

8月15日
15時~16時30分  ヤグラ演奏会
17時~30分 踊り講習会
17時40分~18時 オープニング挨拶、鏡開き、表彰
18時~20分 競演会
18時30分~35分 元唄デッコンショ披露
18時40分~19時 競技表彰式
19時10分~21時10分  ヤグラ総踊り(20時10分~25分 打上花火)
21時10分~15分  フィナーレ打上花火
8月16日
16時45分~17時15分  踊り講習会
17時15分~25分 家族でヤグラデビュー
17時40分~18時 ジュニア演奏会
18時10分~30分 丹波篠山太鼓「鼓篠組」
19時~5分 元唄デッコンショ披露
19時10分~20時55分  ヤグラ総踊り(20時10分~25分 打上花火)
20時55分~21時  フィナーレ打上花火

 

非常に濃厚なスケジュールとなっていますが、

2016年のお盆を彩るにふさわしいものになっているでしょう。

 

デカンショ祭り2016 デカンショ踊りについて。

 

お祭り名となるデカンショですが、一体どういう踊りとなっているのでしょうか。

 

いわゆるデカンショ節と呼ばれる民謡に合わせた踊り方となりましょう。

 

具体的な踊り方は以下の動画を参照していただければおわかりいただけるでしょう。

 

 

元々民衆の貯めであったデカンショ節は、わかりやすいような振付けが考案されていて、

頭というより、むしろ身体で覚えるものとなりましょう。

 

事前に軽く練習しておくと、よりこのお祭りが楽しめることでしょう。

 

デカンショ祭り2016 花火絶景スポットと有料観覧席。

hanabi_006

 

デカンショ踊りは、お祭りを構成する柱となる部分ではありますが、

それ以外にも見どころとして綺麗な花火がありましょう。

 

両日にわたり、20時10分から15分間に2000発もの打ち上げ花火が上がります。

 

夏の夜を彩る綺麗な花火は、暑さを忘れさせてくれるような清涼感を演出し、

この日の出来事がいい思い出となってくれるでしょう。

 

花火は、広い範囲で鑑賞することができますが、その中でもより綺麗に見えやすい、

花火絶景スポットと言わている三の丸広場がいいでしょう。

 

またこのデカンショ祭りでは有料観覧席(休憩所)が設けられていて、

木造観覧席1席につき2000円ほどで約80席用意されるようです。

 

当日販売ということで先着になりそうですが、

お金を払ってもいいという人は、購入されてもいいのではないでしょうか。

 

デカンショ祭り2016 アクセスや駐車場、混雑状況について。

 

デカンショ祭りのアクセスですが、主に電車と車がありましょう。

 

電車でのアクセス

JR福知山線(JR宝塚線)篠山口駅下車より神姫グリーンバスに乗り換え

篠山本町下車徒歩10分

 

車でのアクセス

京都縦貫自動車道亀岡ICから国道372号線沿い10分

舞鶴若狭自動車道丹南篠山口ICから15分ほどで市街地入り

 

当日の混雑状況ですが、両日合わせて来場者数が70000人にも上り、

非常に混雑することが見込まれます。

 

駐車場探しや混雑、ラッシュに遭遇することも念頭に入れ、

早めに移動することが吉になるのではないかと思われます。

 

navi