川越花火大会2016が、8月上旬に開催されることから、

いよいよカウントダウンが進んできた感じでしょうか。

 

川越と言えば、かつての江戸時代の城下町を持つ小江戸として知られる地ですが、

そのPRの一環としてもこの花火大会は大きな貢献をしてくれるでしょう。

川越花火大会2016 日程や概要について。

144196373_624

 

日程 2016年8月6日(土) 19時~20時30分(雨天の場合は翌日へ延期)

場所 安比奈親水公園(埼玉県川越市安比奈新田140-1)

 

埼玉県でも大宮よりも先にある場所ながらも、

東京都のアクセスがいいことから、非常に多くの方が来場することになる花火大会です。

 

ちなみに2015年に訪れた人はおよそ13万人とされ、

本年度も同等もしくはそれ以上に賑わいを見せてほしいところとなりますね。

 

川越花火大会2016 見どころや屋台の出店について。

%E3%81%84%E3%81%9B%E3%81%95%E3%81%8D%E8%8A%B1%E7%81%AB%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 

花火大会ということから見どころはもちろん花火ですが、

一般の大会との差別化を図るために工夫が見受けられます。

 

例えば、メッセージを読み上げてから打ち上げるメッセージ花火

目の前で扇状に広がる花火のスターマイン花火

そして音楽をかけながら打ち上げる音楽花火などがあります。

 

ちなみに総打ち上げ数は、2015年で6000発となり、

本年度も同様の数が打ち上げられることになるようです。

 

加えて屋台ですが、160~180の出店となる模様です。

 

お祭りの王道となるたこ焼き、お好み焼き、牛串をはじめ、

川越の名物と言われる、たこせんまめさつまいもを基にした屋台飯が出てくるでしょう。

 

メイン会場の安比奈親水公園に早めにスタンバイしてもいいかもしれません。

 

屋台はおよそ午後から出始めますが、16時程度から本格的に稼働を始めるので、

そのあたりを目安に現地入りするといいのではないでしょうか。

 

川越花火大会2016 有料観覧席について。

 

花火大会で有料観覧席のあるところとないところがありますが、

本大会では用意されています。

 

5人テーブル席を1セットとして、1万円で貸し出されることになります。

 

1人当たり2000円ということで、まずまずの値段設定ではないかと思います。

 

もし有料観覧席で鑑賞したいという場合には、

小江戸川越観光協会(TEL:049-227-8233)へ連絡して対応を仰いでいただきたいです。

 

もちろん花火ということで、周囲一帯にいい場所もたくさんありますので、

無料のところを早めに現地に行って場所取りをするのもまたいいでしょう。

 

川越花火大会2016 交通規制や駐車場について。

 

さて当日の交通規制ですが、会場一帯に敷かれることが明らかになっています。

 

現時点では具体的な図が公表されていませんが、概ね例年通りと考えられます。

 

具体的な時間ですが、17時~22時30分となり、

車両が通れなくなることから、注意が必要でしょう。

 

駐車場の件ですが、昨年は会場近辺にトータル11130台ほどのスペースが

確保されていたようです(延期の場合は1730台ほど)。

 

主な現地入りの方法として電車経由のバスが多いでしょうが、

車もまた相当数見込まれるでしょう。

 

関越道の川越ICから渋滞が気になりますし、

その点注意して臨機応変に動いていただきたいですね。

 

navi