福岡県朝倉郡東峰村で開催される宝珠山ほたる祭がありますが、

なかなか都市圏では見られなくなった、ホタルが観られるというものです。

 

ほたるは、毎年5月下旬から6月中旬までが見ごろということで、

是非とも時期を外さずに見に行きたいところでしょう。

宝珠山ほたる祭について。

hontai
出典 https://www.kireilife.ne

 

宝珠山ほたる祭ですが、昭和62年から始まっているお祭りで、

2016年で第29回目を迎えることになりました。

 

とにかくのどかな町の雰囲気を今でも残していることが伺える場所になります。

 

ホタルですが、日本で一番有名なものにゲンジホタルというホタルがおり、

生息するには非常に豊かな森林と水源が必要で、

どれが欠けてもホタルの生息場所に適さないでしょう。

 

それらを満たした場所に、今回取り上げる福岡県朝倉郡東峰村があります。

 

地元には大肥川や宝珠山があり、これらのおかげで、

ホタルをはじめとした動植物が住みやすくなっているようです。

 

宝珠山ほたる祭2016の開催場所とアクセスについて。

090610-3223
出典 http://ryubun.net

 

福岡県東峰村大字宝珠山3100の棚田親水公園が主会場となり、

6月4日(土)に開催されることになります。

 

費用は無料で、17時~22時まで開催されていますが、

ホタルの見ごろはおよそ20時~21時の間であるようです。

 

ですので早めに会場入りして、屋台飯で空腹を満たしつつ、

ホタルを鑑賞というのがいいのではないかと考えます。

 

なおアクセスについてですが、多くの方が車メインとなり、

大分道杷木ICから県道52号経由12km20分で現地入りすることができます。

 

当日の車の駐車場ですが、宝珠山グラウンドが開放され、

無料で300台ほど収容できるようになっています。

 

その他にも電車であれば、JR日田彦山線筑前岩屋駅から徒歩15分、

JR日田彦山線大行司駅から徒歩25分でアクセス可能です。

 

総合的に交通の便が悪いでしょうが、この点は致し方ないことでしょう。

 

ホタルを見る機会は非常にまれですし、

現地に近いところにお住まいを構えていれば、宝珠山ほたる祭に参加されてもいいでしょう。