愛知県名古屋市で開催される熱田祭りというものがありますが、

注目の的となるものに打ち上げ花火がありましょう。

 

お祭りに加えて花火もあるということで、

家族連れやデートのカップルにもより推奨されるイベントです。

熱田祭り2016の花火の概要について。

OSK201305300029
出典 http://www.asahi.com

 

熱田祭り2016は6月5日(日)に開催となり、

花火の時間は、当日の19時40分~20時30分までの50分間となります。

 

打ち上げ場所は、神宮公園となり、

ここから1000発の花火が打ち出されることとなります。

 

お祭り会場となる熱田神宮から距離が離れている場所でも、

花火ということで広範囲で確認することができるでしょう。

 

その中で穴場となりそうなところはどこになるのでしょうか。

 

熱田祭り2016 花火の穴場となる場所はどこか!?

 

熱田祭りで催される花火の穴場となりそうな場所ですが、

以下の3つを紹介したいと思います。

 

  • 神宮東公園
  • 白鳥公園
  • 名古屋市国際会議場

 

まず神宮東公園ですが、神宮西駅から徒歩7分圏内となり、

そこまで会場から離れていない距離の場所となります。

 

人混み溢れる熱田駅を通過しているので、

比較的静かに花火を鑑賞できるのではないかと思います。

 

次に白鳥公園ですが、熱田神宮の会場を抜け、

堀川を南下した場所にあります。

 

通常のペースであれば、5分程度の移動ということで、

手軽に場所移動ができるかと思います。

 

最後に名古屋市国際展示場になります。

 

様々な企画が催される名古屋市国際展示場ですが、

その南部に広場があります。

 

その場所であれば人混みも解消されて、穴場と言えるものかと思います。

 

なおその近くにあるカスケードやユリというカフェテリアはじめ、

展望レストラン・パステルで飲食をしたいところですが、

残念ながら営業時間外であることはご了承ください。

 

熱田祭りにおける花火の様子について。

 

熱田祭りは、6月の梅雨入り真っ盛りの時期に行われることもあり、

真夏の花火ほどではないと考えがちですが、そうでもありません。

 

以下の動画では、打ち上げ花火の様子がうかがえますが、

人気のあるお祭りということで、かなり気合の入ったものに仕上がっています。

 

 

この熱田祭りは、毎年6月5日に固定されていますが、

2016年はその日が日曜日ということもあり、

人一番集客が見込めるものになったかと思います。

 

穴場となるスポットで綺麗な花火を鑑賞できるといいでしょう。