開成町あじさい祭りは、6月上旬から中旬の期間で、

神奈川県足柄上郡開成町にて執り行われることとなります。

 

2016年のお祭りの華となる、あじさいの開花状況はどんな感じでしょうか。

開成町あじさい祭りの、あじさいの花について。

tumblr_nq2z2sO8i51swx4m7o1_1280
出典 http://lcsm1004.tumblr.com

 

あじさいですが、6月から7月にかけて満開となる花で、

主に観賞用のために栽培されるものとなります。

 

あじさいは、感じで紫陽花と書き、一般的なものに上記の画像のようなものがありますが、

さまざまな品種が開発されており、青や白、赤紫のようなものまで

多種多様なものが現在ではあるようです。

 

この花は万葉集にも登場したことのある、日本とゆかりの深いもので、

季語は夏で、花言葉に「移り気」とあり、あまりいい意味ではとらえられないものの、

最近では別の意味を持つ「家族団らん」という花言葉もあり、

後者の方が広まりつつ現状があるようです。

 

開成町あじさい祭りの開花状況について。

 

あじさいの花の解説にある通り、

6月から7月にかけて見頃を迎えることになります。

 

では6月上旬時点で、開成町のあじさいはどうなっているかというと、

公式では6割ほどの開花状況を迎えているようです。

 

1401010962_photo

 

開花状況として一番の見ごろを迎えると思われるのが、

中旬で、終幕ギリギリですが11日もしくは12日になることでしょう。

 

開成町あじさい祭りは、6月4日ということで、

それでも開幕直後から直行しても綺麗なあじさいの花を観賞することができるでしょう。

 

開成町あじさい祭りで鑑賞できるあじさいについて。

 

神奈川県足柄上郡にある開成町ですが、

神奈川県の端にある町で、県内で最小面積を持つことになります。

 

また同様に開成町は、東日本の中で、最小の町ということで、

非常に小さな自治体となっています。

 

面積が1.55kmほどしかなく、人口は1.7万人程度となります。

 

のどかな町でしょうし、見どころとなるあじさいの花の育成する環境に恵まれた

きれいな町といって差し支えないでしょう。

 

以下開成町あじさい祭りの会場マップとなります。

 

2016_map1
出典 http://kaisei-ajisai.com

 

 

このあじさいの里では、5000本にも上るあじさいの花が整えられているということで、

一面にあじさいが広がっているイメージでしょうか。

 

あじさいの里に関する動画があり、以下のようになっています。

 

 

上記の動画であるように、開成町あじさいまつりでは、

イベントが用意されたり、神輿や屋台などもあることがわかります。

 

6月ともなると、梅雨入りの真っ盛りで、じめじめのした環境となるものの、

現地に近いようであれば、是非とも遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。