東京都江東区で開催される鳥越まつりですが、

2016年も平常通り開催されることになります。

 

古き良き時代が残る浅草を舞台としていることから、

国内外の人にとって注目の高いお祭りとなります。

 

鳥越まつりの見どころとなる、神輿の宮入りもあり、

一番盛り上がるシーンがここになっています。

鳥越まつり2016 開催日程や概要について。

 

鳥越まつり2016ですが、6月11日(土)、12日(日)の計2日間開催となっています。

 

場所は、お祭りの名称ともなる鳥越神社となります。

 

鳥越神社には、主神に日本武尊が祀られており、

これはヤマトタケルという日本貴族であり、日本書紀や古事記にも記載されている

古い歴史を感じさせるものとなります。

 

この鳥越神社の正式な建立時期は不明なものの、およそ651年ほどであると言われおり、

かれこれ1365年相当の時間が過ぎ去っていることになります。

 

これだけの神社でのお祭りということで、

当日すさまじい人混みが会場へ押し寄せることにあり、

非常に賑わいのあるものになっています。

 

アクセスについてですが、台東区鳥越2-4-1となり、

まさに都心部での立地となりましょう。

 

 

都営地下鉄浅草線の蔵前駅から徒歩6分、

JR総武線浅草橋駅から徒歩8分と非常に好立地と言えるでしょう。

 

この近辺のアクセスには、車移動はあまりオススメできず、

コインパーキングはすぐに満席になることもあり、注意しておきたいところです。

 

鳥越まつり2016 千貫神輿と宮入りについて。

 

鳥越まつりで使用される御神輿ですが、千貫神輿が用いられることになります。

 

この御神輿の凄いところは、非常に大きく、かつ重く、

都内最大級のものであると評されています。

 

3581838_624
出典 http://photozou.jp

 

上記のものが、千貫神輿と呼ばれるもので、非常に趣深い神輿ですね。

 

画像と実物ではやはり違いますので、

会場に足を運んでいただき、ご自身の目で確かめていただきたいところです。

 

ちなみに千貫神輿を担ぐ、かつての様子を動画でとらえたものがありますので、

参考までにご覧いただければ幸いです。

 

 

上記の動画で夜間に御神輿を担いでいますが、

これこそ鳥越まつりの見どころとなる宮入り、通称「鳥越の夜祭り」というものになります。

 

通常21時から行われますので、その時間を目安に参加されてもいいでしょう。