沖縄県糸満市で開催される糸満足ハーレーですが、

名城ハーリー、喜屋武ハーリーに並ぶ沖縄県の著名なハーレーです。

 

これは、海人(うみんちゅ)のためのお祭りで、

航海安全、大漁を祈願するためのものとなりますが、

沖縄の一つの伝統として今も語り継がれています。

糸満ハーリーの概要及び動画はどういう感じになってる!?

 

糸満ハーリーですが、2016年6月8日(水)が開催当日となり、

競技は10時からスタートというプログラムのようです。

 

旧暦とされる5月4日に相当する日程で、

かれこれこのハーリーは600年の歴史を誇るということで、

沖縄観光に訪れる人だけでなく、現地の人にとっても

大いに関心の高い行事であると言えるでしょう。

 

以下、糸満ハーリーの様子となっていますが、

毎年このお祭りの時期になると、ハーリーの話題が集まることになりましょう。

 

03_img
出典 http://www.dydo-matsuri.com

 

開催場所は、糸満漁港になり、

沖縄バスターミナル発のバスで45分先の「糸満ロータリー」から

徒歩5分先という立地になります。

 

一般にはなかなか足を踏み入れない場所になりましょうが、

それでもこのお祭り参加の際には、多くの人で溢れかえることになります。

 

こうした光景を鑑賞することもできますが、

伝統があり、人気を誇るお祭りということで、有料観覧席も用意されていますので、

そうしたことも念頭に置いておきたいところですね。

 

このお祭りの最大の見どころは、やはり競漕となり、

勝った順番に糸満の氏神様に方向されると共に、一種の名誉が与えられることから、

各チームとも念入りに準備していることになります。

 

ちなみに出場チームですが、地元の企業の会社員でチーム結成が主流でしょうか。

 

以下糸満ハーリーの会場動画ですが、動画の後半で、

競技のおおまかな雰囲気がわかるかと思います。

 

 

参加者の中で、特に強いとされる分野に土建屋、メーカー勢があり、

日頃から身体を鍛えている分野の人たちということもあり、

そうした人たち同士でのハイレベルな戦いが繰り広げられている模様です。

 

毎年上位3チームでも、タイムから判断して、非常に接戦で、

どのチームが勝ってもおかしくないほどです。

 

記録及び記録に残りますし、是非とも出場者には奮闘していただきたいところですね。