兵庫県神戸市にある湊川神社において、毎年5月24日~26日にかけて

楠公祭が開催されることになります。

 

伝統行事となる楠公祭の目玉に、楠公武者行列というものがあり、

それについて詳細を見ていきたいと思います。

湊川神社における楠公武者行列とは!?

photo04
出典 http://www.minatogawajinja.or.jp

 

まず楠公祭についてですが、後醍醐天皇に仕えた

楠木正成公はじめその一族をお祀りする目的で創設された

お祭りと言えるでしょう。

 

楠木正成公ですが、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した人物で、

歴史で習う建武の新政を創設に大いに貢献したことで知られています。

 

最終的に楠木正成公は、足利尊氏軍と淀川の戦いで破れ、自害することになりますが、

その日こそが淀川神社の殉節(節操を守って死ぬこと)となる、5月25日となっています。

 

この日に楠公祭の目玉となる楠公武者行列を行うことになります。

 

楠公祭武者行列では、専門家が時代的な検証を行って、

本物に近い衣裳や武具を取り揃えて行う行列となっています。

 

こういった武者行列のあるお祭りは数あれど、

ここまで歴史的な背景を踏襲したお祭りは少ないでしょう。

 

 

こちらが、楠木武者行列における動画となっていますが、

華美な装飾というものは見受けられないものの、

これこそがまさに当時の様子に最も近いとされる姿ではないでしょうか。

 

本格的な武者行列が観たいとお考えであれば、

湊川神社の楠木祭に参加されるとよろしいかと思います。