上賀茂神社における賀茂競馬が毎年5月5日に催されることになります。

 

この賀茂競馬のお祭りとなる賀茂祭は、別名葵祭とも呼ばれるそうで、

京都三大祭ともされるほどの由緒正しき行事と言えましょう。

 

賀茂競馬における開催概要や時間、そして織田信長との関連について紹介していきます。

賀茂競馬における開催概要や時間について。

kurabeuma0805051
出典 http://nekozuradoki.cocolog-nifty.com

 

京都府北区にある上賀茂神社、下賀茂神社の二つがありますが、

その中でも上賀茂神社で、今回取り上げる賀茂競馬が行われることになります。

 

賀茂競馬における行事についてですが、

5月1日に5日の本番のために、競馬に出場する馬の脚の優劣を確認するために

足汰(あしぞろえ)を経たのち、賀茂競馬本番となります。

 

肝心の競馬ですが、例年13時頃に開始されることになります。

 

中央もしくは地方競馬場とは異なり、より間近で鑑賞でき、

一味も二味も違う伝統の味があろうかと思います。

 

元々は天下泰平五穀豊穣を祈願するための儀式として行われていたもので、

現代でもその名残があるというのはまさに京都の良さになりましょう。

 

競馬ファンでなくとも、大いに楽しめるお祭りになりますので、

是非上賀茂神社へ足を運んでいただきたいところです。

 

なお注意点としては、賀茂競馬においては日傘の使用は禁止されていますので、

紫外線対策の代わりとして帽子の着用をお勧めする次第です。

 

賀茂競馬と織田信長の関連について。

 

賀茂競馬について調べるところによると、

かの有名武将の織田信長との関連があるという話があります。

 

詰まるところ、織田信長が飼っていた馬を、

この賀茂競馬に出場させたということですね。

 

昔の言によると、賀茂神社側から織田信長に賀茂競馬への出場を打診し、

織田信長はそれを快諾。

 

勝ち戦で使用した芦毛鹿毛の馬を2頭出場させ、

また側近となる馬廻り衆の自慢の馬18頭も併せて競馬へ参戦させたようです。

 

余談ですが、芦毛に相当する馬は以下の通りです。

 

mig src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150202%2F20%2F2156470%2F0%2F450x600x0123f6aecfb2f11d75d3a31e.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
出典 http://matome.naver.jp

 

芦毛というのは、一般的な灰色を指し、

一般的な競走馬にある茶色や黒色とは見分けがはっきりする毛色であることがわかります。

 

また鹿毛ですが、まさに茶色で比較的よく見る色の競走馬ではないでしょうか。

 

horse_09
出典 http://www.worldranch.co.jp

 

一般的な色の馬でありましょうが、選りすぐりの駿馬ということで、

当時の性能ははっきりしないものの、名馬で間違いはないでしょう。

 

さて競馬の結果は、織田信長が出場させた馬はすべて勝利を収めることになり、

やはり天下人には人だけでなく優れた馬も集うということになりましょう。

 

これらを踏まえると趣深いなと感じる次第ですが、

一度は近場で鑑賞したいと言えるほどの歴史的背景があるものですので、

時間を作って現地入りしたいところですね。