東京都江東区にて毎年8月15日に開催される深川祭、

通称深川八幡祭り、もしくは水掛け祭と呼ばれています。

 

神田、山王祭に並ぶ江戸三大祭になりますが、

そこに天皇皇后両陛下が御高覧されたことがあります。

 

歴史的にも貴重な出来事になりましょうが、

その当時の頃を振り返りたいと思います。

深川八幡祭に天皇皇后両陛下が御高覧。

 

平成24(2012)年8月15日の深川八幡祭に、天皇皇后両陛下が御高覧され、

その件が大いに話題になりました。

 

深川八幡祭においては、三年に一度、本祭りというものが決められているものの、

八幡宮の御鳳輦が渡御されることになります。

 

残念ながら2012年は本祭りではものの、

東北地震の影響により、1年延期になったこともあり、

特別に2012年を本祭りにしたという特別な事情があります。

 

深川八幡祭の天皇皇后両陛下の御高覧は、かれこれ47年ぶりの訪問とのこと。

 

ざっとですが半世紀ぶりということで、

関係者にとり、まさに忘れらないお祭りだったかと思います。

 

以下その当時の模様となります。

 

 

動画では、天皇皇后両陛下の尊顔を間近でとらえることはかなわないものの、

その雰囲気は察していただけたかと思います。

 

日本国旗を振っての深川八幡祭もいいものでしょう。

 

1965年の天皇皇后両陛下の御高覧について。

 

2012年以前の、前回に相当する深川八幡祭の御参加は、

昭和40(1965)年になります。

 

つまり昭和天皇治世の頃となりましょう。

 

流石に当時の動画や画像は確認できなかったものの、

当時の印象的な出来事にアメリカがベトナム戦争を開始した、

音楽バンド、ビートルズが活躍した年になります。

 

すさまじい長い期間が空いてしまったことがありましょうが、

天皇皇后両陛下の御公務が非常にお忙しいというもあり、

致し方ないということになりましょう。

 

2012年以降、次の御高覧はいつになるかわかりませんが、

気長に次回を待ちたいところです。