古川祭り2016が、4月19日(火)、20日(水)の日程において開催されることになります。

 

この古川祭りは、岐阜県の飛騨市を代表するお祭りで、

気多若宮神社の例祭に該当するものです。

 

今回概要はじめ、お祭りにおける見どころを紹介していきます。

古川祭り2016、日程をはじめとした開催概要について。

 

古川祭り2016では、冒頭にある通り、

4月19日(火)、20日(水)の2日間にわたって行われることになります。

 

舞台は、岐阜県飛騨市の気多若宮神社で、

具体的な時期は不明なものの、平安時代ほどに建立されたとされる、

由緒ある神社ということになりましょう。

 

日程は平日に行われることになりますが、

地元の人たちにとり、年に一度の大きなお祭りということで、

このお祭りに賭ける熱気や意気込みは相当なものとなります。

 

この古川祭での見どころとなりますが、

何といっても起こし太鼓、打ち出しになります。

 

起こし太鼓は、国の重要無形民俗文化財として指定され、

日本三大裸祭として有名なものとなります。

 

古川祭り2016、起こし太鼓とは何か。

image.php
出典 http://www.hida-kankou.jp

 

起こし太鼓ですが、4月19日(火)の21時30分からその日の未明に行われることになります。

 

元々はお祭りの開始合図として行われてきたものですが、

その伝統が今になって生き続けていることでしょう。

 

以下その起こし太鼓の動画になりますが、

ものすごく激しい光景が確認できるでしょう。

 

 

三大裸祭りと称されることはある迫力で、

この日のために全身全霊を以て望んでいることがわかります。

 

特に太鼓打ちとなる人たちは、一生に一度あるかないかの名誉とのことで、

まさに晴れ舞台となるかと思います。

 

県外の観光客にとり、圧巻されるほどの雰囲気を出す古川祭りですが、

生涯に一度でも、このお祭りを観に行きたいところでしょう。