陶炎祭2016が、4月29日(金)~5月5日(木)まで開催されることになります。

 

このお祭りは、茨城県笠間市による恒例となるもので、

多くの人が会場を訪れることになります。

 

ゴールデンウィークの兼ね合いもありますので、

是非一度足を運んでみるといいのではないでしょうか。

陶炎祭2016、開催概要はじめ笹間焼について。

 

茨城県笹間市にて開催される陶炎祭2016では、

4月29日(金)~5月5日(木)の7日間において、

9時~17時までの間で笹間焼を代表とする陶器のお祭りが開催されることになります。

 

場所は笹間芸術の森公園であり、広範囲の場所が確保されているようです。

 

 

陶炎祭では、新進気鋭の陶芸家をはじめ、数多くの関係者が登場し、

多種多様な作品を鑑賞できることでしょう。

 

数ある品物の中で気にいったものがあれば、

購入することもできるということで、

いろんな場所を散策がてら回ることをお勧めしたいところです。

 

茨城県笹間市を代表する陶器に、笹間焼というものがあります。

 

実物ですが、以下の画像を参照していただきたいところです。

 

20130514-121651

 

非常に質素なつくりとなっていますが、

だからこそ、使いやすいものであろうと思います。

 

1770年ごろからつくられたということで、

陶器の時代においては、比較的新しいものになるでしょうか。

 

それでも一般的に長い歴史を刻んでいますので、

大いに注目したい陶器であることは間違いないでしょう。

 

陶炎祭2016、アクセスはじめ混雑について。

 

陶炎祭では毎年30万人以上の来場者を記録していることから、

茨城県の陶器のお祭りではまさに最大規模のものになります。

 

陶器の観覧、即売会だけでなく、

グルメやイベントが企画されていることから、

家族連れなど多くの人が会場を訪れることになります。

 

それ相応の混雑が発生するかと思いますが、

会場が広いことから、そこまでひどい混雑は感じられないかもしれません。

 

原則来場には車を使われることになりましょうが、

駐車場関係では、ちょっとした混雑があろうかと予想できます。

 

公式で案内のある駐車場は3つあり、

陶炎祭駐車場大規模駐車場笹間市内臨時駐車場です。

 

会場に隣接するのが、陶炎駐車場であり、

便利なものの渋滞必至ということで、

大規模駐車場がお勧めになるかと思います。

 

その大規模駐車場と会場は離れているものの、

100円で利用できるシャトルバスがあることから、

大いに負担が軽減されることでしょう。