京都府にて毎年7月に開催されることになる祇園祭ですが、

これは日本三大祭の一つとされ、日本を代表するお祭ということになります。

 

お祭りに参加するために必須となる開催日程や概要をはじめ、

有料観覧席についてもご紹介します。

京都の祇園祭2016の開催日程、概要について。

B5C0B1E0BAD7A4EAA3B2
出典 http://osamc.seesaa.net

 

京都を代表する祇園祭ですが、その由来は、

1100年前清和天皇の治世の頃、疫病が蔓延し、

神を奉ることで、病魔退散を祈願したことに始まるそうです。

 

祇園祭は毎年7月に開催されることになりますが、

普通のお祭りと違い、非常に長い期間開催されることになります。

 

たいてい3日程度ですが、祇園祭は丸々7月を使って、

お祭りが催されることになります。

 

2016年は7月1日(金)~31日(日)までとなりますが、

特に脚光を浴びる前祭、後祭は必見でしょう。

 

前祭が7月17日(日)、後祭が7月24日(日)となり、

ともに当日多くのイベントや企画が用意されています。

 

両日に該当することですが、山鉾(やまぼこ)とされる山車の一種が

京都の町を巡行することになります。

 

祇園祭の山鉾は非常に華美な装飾で、

様々な趣向のもと制作されたこともあり、まさに見どころの一つとなりましょう。

 

祇園祭2016の有料観覧席のご案内。

yuryoseki2
出典 http://gionmatsuri.net
京都の祇園祭では、ご存知の通り有料観覧席というものが設けられています。

 

この有料観覧席は、前述の祇園祭の前祭と後祭で行われる、

山鉾(やまぼこ)をはじめとした巡行を指定の場所で鑑賞することができます。

 

三大祭の一つに数えられることもあり、観光客がこぞって訪れることから、

ひどい渋滞が発生することとなります。

 

見やすい場所を確保するには、朝早い段階で会場へ足を運ばなければならないため、

非常に苦労することになりますが、それを省くことができるという点がメリットでしょう。

 

有料観覧席の料金ですが、

前祭、後祭ともに3180円となっています。

 

前祭では、御池通の寺町通から新町通の間で

午前10時20分頃(寺町御池)~11時25分頃(新町御池)の巡行を鑑賞できます。

 

そして後祭では、御池通の寺町通から河原町通の間(京都市役所前)で

午前10時頃に通過する巡行を鑑賞することとなります。

 

祇園祭2016、有料観覧席のチケット購入申し込みについて。

 

さて祇園祭2016の有料観覧席で、観賞したいという場合には、

チケットの購入申し込みが必要となってきますので、ご案内します。

 

前祭のチケット販売日が6月7日(火)となり、

また後祭のそれが6月14日(火)から以下の各所で販売となります。

 

■インターネット:旅の発見ティー・ゲート(会員登録、配送料要)、Walker plus チケット(発券手数料要)
■ローソン・ミニストップ店頭(祇園祭前祭 Lコード:50084・ 祇園祭後祭 Lコード:50085 )
■セブン-イレブン、サークルKサンクス、ぴあ店頭(祇園祭前祭 Pコード:631-671 ・ 祇園祭後祭 Pコード:631-672 )(発券手数料要)
■ファミリーマート店頭(発券手数料要)
■JTB店頭
■近畿日本ツーリスト店頭(一部店舗のぞく)
■日本旅行店頭
■京都市観光協会
■京都総合観光案内所

 

年に一回の祇園祭ということで、前祭もしくは後祭で、

有料観覧席のチケット購入を考えてもよろしいのではないでしょうか。

 

確かに安くはないという設定に感じますが、

それでも貴重な体験を間近で鑑賞できることから、いい思い出に繋がることでしょう。

 

両日共に快晴で迎えられることを祈っております。