さっぽ雪祭り2016が2月5日~18日(木・祝)まで開催されることになります。

 

お祭りに参加される場合どうしても気なるのが、渋滞ではないでしょうか。

人の渋滞、交通渋滞がありましょうが、対策できる部分はしっかりしておきたいところです。

さっぽろ雪まつり2016における人と車の渋滞。

 

さっぽろ雪まつり2016では、

大通・すすきの会場つどーむ会場の二つのものが設けられています。

 

前者は、2月5日~11日(木・祝)で、

後者は、2月5日~18日(木)となっています。

 

これらの開催期間の中で、人の渋滞は土日(6、7、13、14日)

大通・すすきの会場の最終日の11日(木)に集中することが予想されます。

 

また時間帯ですが、昼前から15時程度までが人の渋滞のピークとなるようで、

早めに参加するか、時間を遅くするななどされた方がよろしいかと思います。

 

遅くなると非常に寒いですが、ライトアップが綺麗で、

雪像もよく映えることになりましょう。

 

また車ですが、会場周囲のパーキングは非常に込み合いますので、

待ち時間で時間をつぶすよりも、多少遠方に駐車して、

歩いて会場へ向かう方が、渋滞対策になろうかと思います。

 

渋滞について、一番込むと思われる日に、

2月11日(木・祝)があります。

 

大通・すすきの会場の最終日となる日ですが、

この会場の雪像が多くの注目が集まりますし、

その最終日とあっては多くの観客が来ることが予想されるためです。

 

逆に考えれば、渋滞を避けたいと考える場合には、

12日~18日(木)までのあいだで、つどーむ会場を観に行くと、

渋滞はそこまで深刻に見舞われることはないでしょう。

 

ただ両方の会場で、さっぽろ雪まつり2016を楽しんでほしいという気持ちもありますし、

渋滞の時間、混む時間帯を考えて、調整して観られた方が無難ではないかと思います。

 

札幌市開催ということで、駅からかなり近いこともあり、

一層の混雑が予想されることでしょうが、

年一回の大規模なお祭りなので、是非とも参加したいところとなりましょう。

 

https://twitter.com/stafordferrick/status/690710643045851136