福岡県福岡市で開催される博多祇園山笠が、毎年開催されることになります。

 

その博多祇園山笠の特徴を上げると、褌が有名かと思います。

 

そのお祭りにおいて、女子も参加することが知られており、

画像収集する人が大きな問題点としてあげられるでしょう。

博多祇園山笠における女子の画像収集について。

yamakasa12-oiyamanarashi-164a11

 

博多祇園山笠では、もちろんお祭りということで御神輿を担ぐことになりますが、

これは男子専用ということで、女子は担ぐことができません。

 

ただ子供の場合には、御神輿ではなく、子供山笠が用意されています

 

子供山笠の場合、女子が担いではいけないという規定や習わしはないようで、

小さな女の子でも参加することができることになります。

 

よってこの博多祇園山笠に参加するということは、

お祭りの正装である褌の着用が導かれることになります。

 

今や男女平等ということで、これまで男性しかやらなかったことにも、

女性にもチャンスが回ってくる、いい時代と言われるわけですが、

さて今回の件について是非が難しいところであったりします。

 

褌姿の女子に対して、かわいい以外の情念が生まれてしまうことがあり、

その如何が問題となります。

 

褌女子の画像収集が問題になったこともあり、

また最近では児童ポルノに非常に厳しくなったこともあり、

許可証がないと、撮影ができないような仕組みに変更されたことになります。

 

女子がお祭りに参加できるけれども、

動画の撮影や写メによる画像収集は原則できなくなるということですね。

 

もし画像が欲しいようであれば、許可証を手に入れるか、

公式で広報用写真の申し込み(ただし女子の画像はなしで、

お祭りの画像が欲しい場合のみ)で入手するかの2択になります。

 

このルールですが、やはり違反する人がおり、

スマートフォンで女子の締め込み姿を撮影したとして、

書類送検された事件が実際に発生しています。

 

不起訴相当ということで、裁判にはならなかったものの、

児童ポルノ法がいっそう厳しくなると、

いずれ裁判沙汰になってもおかしくないのではないでしょうか。

 

参加される方は、是非とも細心の注意を払っていただきたいところです。