yosakoiソーラン祭りで踊ることになるソーラン節ですが、

鳴子や踊り方について紹介したいと思います。

 

ソーラン節はあまりにも有名であり、

かの有名なドラマの金八先生でも踊ったことがあるほどです。

 

一度音楽や踊りを見聞きすると、忘れられない不思議な力があるように感じます。

よさこいソーラン節の振り付けを覚えて、実際に踊ってみるといいのではないでしょうか。

よさこいソーラン祭りのソーラン節の由来について。

 

北海道の札幌市で毎年開催されている、よさこいソーラン祭りで欠かせい

ソーラン節の由来は何でしょうか。

 

まずよさこいですが、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という古語が

変化した言葉もしくは、高知県のよさこい節や祭りを指すことのようです。

 

そしてソーラン節は、北海度の民謡ということで知られています。

 

最終的な経緯は、長谷川岳という方が高知のよさこいと

北海道のソーラン節を、1992年に組み合わせたことが発端です。

 

またこの長谷川岳さんは、よさこいソーラン祭りの創始者であり、

今では自民党所属の政治家となる人となっています。

 

よさこいソーラン祭りの振り付けについて。

 

よさこいソーラン祭りで踊られるソーラン節についてですが、

振り付けですが言葉で説明することが難しいことから、

振り付けを解説した動画をまずは参照ください。

 

 

小学生もしくは高齢者向けのものとなりますが、

まず入門、初心者にとり、ここからスタートするのが望ましいのではないでしょうか。

 

もし上記の動画のように慣れてくれば、

キレを増して、より激しいソーラン節に挑戦するとよろしいでしょう。

 

例えば、ソーラン節をアップテンポにアレンジした、

南中ソーラン節というものがあります。

 

 

ここまでのレベルにまで成長した場合、

よさこいソーラン祭りで最も注目されるほどでしょう。

 

毎年数々の出場チームがありますが、

その中でもすごい差別化になりますね。

 

よさこいソーラン節の鳴子について。

yosakoinarukoya_a1
出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp

 

よさこいソーラン節における、鳴子を紹介したいと思います。

 

上記の画像でお分かりいただける通り、

振って音を鳴らす楽器になります。

 

元々は、穀物や野菜を食い散らかす鳥を排除するための道具として

活用された過去がありますが、

これを打楽器として今のよさこいソーラン節があります。

 

鳴子を使って、ソーラン節を踊るとどうなるかについては、

以下のものを参照ください。

 

 

ソーラン節のような踊りをすることを考えると、

これくらいの最適なサイズと重さはもとより、

鳴子の音色にとり調和がとれているといっていいのではないでしょうか。

 

興味がありましたら、鳴子を用意して踊りに挑戦されるといいでしょう。

 

for amazon