諏訪大社で開催される御柱祭りですが、

上社の開催についてお知らせします。

 

このお祭りの目玉は何といっても、木落としで、

その観覧や混雑についてはどうなっているのでしょうか。

御柱祭2016、上社の木落としの観覧と混雑について。

img_news.aspx id=20100409000259&no=1
出典 http://www.shikoku-np.co.jp

 

上社の御柱祭りの開催は、4月2日~4日までの計3日間となります。

 

時間につきましては、4月3日9101314時に、

4月4日では、9時に1度をそれぞれ予定しています。

 

諏訪大社で開催されること、伝統あるお祭りということで、

大いに盛り上がり、かつ多くの観客が訪れる人気の行事でしょう。

 

目玉となるものに、木落としがあります。

 

木落としですが、傾斜が最大35度もある坂から、

約100mほどの距離を下っていくことになります。

 

 

以上の動画でもわかる通り非常に迫力ある、

また参加者でなくとも、大いに興奮するようなものですね。

 

木落としの観覧ですが、

有料観覧席と無料のそれがあります。

 

よい見やすい場所を確保する場合には、前者の方をお勧めするところでしょう。

 

有料観覧席には、特別観覧席(6900円)と普通観覧席(5800円)の二つがあり、

公式より詳細を確認して申し込まれるいいでしょう。

 

たしかに有料席の方が、いい場所を確保されていることは否めませんが、

無料の席でも、早くから現地に向かえば、

良好な場所を確保できるケースがあるそうなので、

木落としのために早起きしてみるとよろしいでしょう。

 

なお有料席の大きなメリットは、混雑を気にせず鑑賞できることにあるでしょう。

 

毎年この諏訪大社の御柱祭りに190万人以上が参加していることもあり、

やはり大きな人込みが発生しますし、

家族連れは大変ではないかと思います。

 

そういった場合には、混雑回避のために有料席も選択肢のうちに入れておきたい次第ですね。