愛知県名古屋市で有名な東山動物園ですが、

その園内に桜の回廊というものもまた同じくらい知られるところではないでしょうか。

 

これから春の季節を迎えるにあたり、

花見として、東山動物園を観に行ってはいかがでしょうか。

東山動物園の桜の回廊フェスティバル2016について。

 

東山動物園内の桜の回廊ですが、

全国で有名な桜を100種1000本揃えられています。

 

日本を代表するソメイヨシノはもちろんのこと、

糸括(いとくくり)、妹背(いもせ)、菊桜とった豊富なものが鑑賞できるかと思います。

 

動物園内の管理する人がしっかりしていることもあり、

状態のいいものが鑑賞できることもあり、

現地に近い人であれば、こちらで桜を観るというのもいいでしょう。

 

見どころとしては、黄色の花を咲かせる「御衣黄」や

サクラや花びらが300枚位ある「兼六園菊桜」は特に注目ですね。

 

さて肝心の開花状況ですが、

既に咲き始めている、春一番の桜もあるということですので、

見ごろを迎えるのが3月下旬もしくは4月上旬になるかもしれません。

 

開花状況は天候に左右されますが、

寒すぎる時期は過ぎたこともあり、概ね上記あたりがよろしいかと思います。

 

東山動物園のイベントの開催期間やライトアップについて。

 

開催期間ですが、3月26日(土)~4月17日(日)までと

桜のシーズン中ずっと開催されることとなります。

 

東山動物園の定休日が月曜となっている点、

午前9時~午後4時50分が開園時間となっていることに注意が必要なものの、

その間であれば、十分堪能することができるでしょう。

 

上記の開園時間となっていることから、

夜の桜を彩るライトアップはされることがありません。

 

なかなかに惜しいところですが、

動物の都合もあり、致し方ない面があるかと思います。

 

たとえライトアップがなかったとしても、

来場者数が毎年20万人を超えたり愛知県の花見のランキングで

上位入賞する実績あるところとなります。

 

東山動物園へのアクセスについて。

 

東山動物園への道のりは車での移動になろうかと思います。

  • 東名高速道路 名古屋インターより県道60号線を西へ約15分
  • 名二環(東名阪)
    【上社より北から来る場合】上社インターより県道60号線を西へ約10
    【上社より南から来る場合】上社南インターより県道60号線を西へ約10
  • 名古屋高速 四谷出口より一般道を東へ約10分

土地柄ということで、高速道路を経由してのアクセスになります。

 

住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話 052-782-2111
最寄り駅 東山公園(愛知県)駅から徒歩約13分
予算 高校生以上 500円

 

距離はあるところになりますが、予算が高校生以上500円とお安い料金設定になっており、

家族連れでの来園もよろしいかと思います。

 

 

春の回廊フェスティバル2016は、ゴールデンウィークには重ならないものの、

土日は非常に混雑が予想されることもあり、

早め早めの行動がよろしいかと思われます。