ふくり春まつりですが、福井県の市街地で行われるお祭りで、

毎年大勢の参加者となるものとなります。

 

今回目玉とされている越前時代行列をはじめ、

各種詳細についてお知らせしたいと思います。

ふくい春まつり2016の日程は!?

 

ふくい春まつりは、1985年から始まり、

今回で第31回目を迎える長寿のお祭りとなりましょう。

 

福井城址(福井県庁)から越前時代行列により、

一つの観光名所としても機能していることもあり、

本年度の開始も待ち遠しくあることでしょう。

 

2016年は、4月9日(土)13時30分から行われることとなっているところです。

 

ちなみに4月に突入し、桜の開花が始まることになると、

福井県庁や足羽河原堤防や足羽山がライトアップされますので、

そちらも見逃さずに鑑賞したいですね。

 

時間は18時から21時30分となっています。

 

ふくい春まつり2016会場へのアクセスについて。

 

ふくい春まつりへの会場へのアクセスは、電車やバスなどの

公共交通機関が便利ではないでしょうか。

 

突日の会場付近は非常に混雑が見込まれ、

駐車スペースの確保が難しいでしょう。

 

コインパーキングもしくは量販店の駐車場になりましょうが、

こぞってくる参加者で、早期に確保をめざないといけないでしょう。

 

それよりも電車で徒歩10分以内の場所にあることから、

福井駅もしくは新福井駅から歩かれた方が当日はアクセスがよろしいかと思います。

ふくい春まつり2016の越前時代行列について。

 

このお祭りの代名詞とされる越前時代行列ですが、

これは福井で有名な柴田勝家やお市をはじめ武者が行列をなし、

パレードのような形で行進していきます。

 

埼玉県庁をスタート地点として、足羽河原までの1.5kmほどを歩くことになります。

 

さて、上記に挙げた柴田勝家とお市ですが、

それぞれ運営側がゲストとして招待した人物が仮装をして、

その人物に扮して行列ととともに練り歩くことになります。

 

2016年の柴田勝家役は魔裟斗(まさと)さん、

お市には真琴つばささんば抜擢されています。

 

ちなみに2015年では、それぞれつるの剛士鹿沼憂妃さんでした。

 

 

役者が違うということで、昨年とはまたちがった、越前時代行列となりましょう。

 

越前時代行列はじめ、桜やグルメ関係のイベントが一同に集うこのお祭りということで、

春を彩るにはなかなかお勧めできるものかと思います。

 

芸能人を見にというのでも構いませんし、気軽に足を運んでみるといいでしょう。