大阪城を間近で見通せる大阪城公園の梅林にて、

お祭りとはちょっと違いますが、色とりどりの梅を鑑賞することができます。

 

その中でも大阪城がライトアップされた中での梅の観賞が綺麗という話があり、

中身を見てきたいと思います。

大阪城公園梅林2016、ライトアップについて。

 

まず大阪城、天守閣を間近に控えた大阪城公園ですが、

2月下旬から3月下旬まで見ごろを迎えるとされる梅が、

ついに見ごろを迎えることとなりました。

 

お祭りのように開催期間というものがないものの、

それらに匹敵するほどの梅林が揃っています。

 

成り立ちですが、大阪府立北野高校の卒業生(六稜同窓会)が

開校100周年事業として寄贈したものから始まり、

昭和49年3月から始まっているそうです。

 

1.7ヘクタール(17000㎡)にも及ぶ敷地の中に、

22種類880本にも及ぶ多種多様な梅が敷き詰められています。

 

紅梅や白梅の他にも、豊後白加賀南高など、

一般には見られない種類のものがありますので、

大阪城観光において立ち寄りたい場所となりましょう。

 

夕方以降になりますが、大阪城がライトアップされるにつき、

その中でも梅観賞が乙なほど綺麗な様相となるようです。

 

夜桜ならぬ、夜梅になりましょうが、

機会があれば覗いてみてもいいでしょう。