北海道釧路で開催される、くしろ冬まつり2016が開催が近づいてきています。

 

北海道はさっぽろ雪まつりが有名でしょうが、

こちらも負けじと頑張っているでしょう。

くしろ冬まつり2016開催へ、花火や雪像どちらが活躍するか。

 

くしろ冬まつりの開催概要になりますが、

2月6日、7日の2日間行われることになり、

場所は釧路市観光国際交流センターとなります。

 

今年はどんなものが用意されているか、

大変気になるところでありましょうが、

昨年の例では雪像をはじめ、巨大氷迷路、ビンゴ大会、宝くじ付き餅まき大会が

あったそうです。

 

なお本お祭りでは、タイヤチューブ型ソリを使って滑り落ちる、

チューブスライダー」という遊びは、多くの子供に好評だったもようです。

 

今年も多くの雪の中、楽しいお祭りになればいいでしょう。

 

ただ北海道の札幌市でもいえることですが、雪祭りに必要な雪が足りず、

一種の雪不足に多くの自治体が頭を悩ませているようです。

 

さっぽろ雪まつりでの大変だということで、

くしろ冬まつり2016でもそのようなことが懸念されるでしょうが、

大丈夫か心配になります。

 

雪祭りによっては、一部の雪イベントを中止、縮小して代替として花火のイベントで

対処するところもあります。

 

くしろ冬まつりでの花火が大変綺麗でしょうし、是非とも観てみたいですが、

それでも雪に悩まされないよう祈っております。