東京都八王子市にある高尾山にて、火渡り祭2016が今年も開催されることになります。

 

3月13日(日)13時より開始され、

火における厄除けとして、修験者だけでなく一般の人もわたることができますので、

挑戦したい人は経験してみてもよろしいかと思います。

火渡り祭2016、高尾山とは。

 

高尾山という山は、標高599.3m

全国でも知名度の高い部類に入るもので、

昔は修業の地、霊山になっていましたが、

今では多くの観光客が訪れる観光スポットとなっています。

 

真言宗という、空海(弘法大師)が開いた仏教の宗派が

この山を中心に連ねることとなっているようです。

 

火渡り祭で行われる火渡りの厄除けについて。

 

火渡りの意義ですが、御護摩(浄火により災厄を祓う火の行)によって、

世界平和、息災延命、災厄消除、交通安全、身上安全等の祈祷を込めて

行われるものとなっております。

 

特に火渡りということで、火に関する厄除けのご利益が大きいようで、

修行僧となる修験者の後に続いて、一般の人も参加できるとのことから、

意欲があれば参加するというのもありではないかと思います。

 

火渡り祭2016、当日限定品について。

 

火渡り祭において、イベントのように当日限定品、

梵天札渡火証がそれぞれ500円となりますが、

入手可能となっています。

 

梵天札についてですが、

火事などの火にまつわる厄ごとから、守ってくれるお札になります。

 

また渡火証は、御本尊様の智慧の炎を渡った際の証明書となります。

 

つまり火渡りの参加者のみが書面にてその証を記したものとなりすが、

値段の張らないものですし、思い出の品として手に取ってみるのもよろしいかと思います。

 

年に一度のお祭りということで、

是非とも挑戦してみてはいかがでしょうか。