奈良県北部に位置する大和郡山市で、

2016年も大和な雛まつりが開催されることになります。

 

時期は2月20日~3月6日(日)まで開催されることとなり、

大和郡山市に近い場所にお住まいをお持ちであれば、

現地へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

大和郡山市の大和な雛まつりの見どころについて。

 

大和郡山市ですが、ここは元々城下町として栄えた歴史を持つ場所で、

さまざまな有形の文化財を携えていることになります。

 

さてここで行われる大和な雛まつりですが、

町おこしの一環としての意味合いが強いのかもしれませんが、

地元総出で盛り上げようとするイベントの一つになります。

 

会場においては、雛まつりで見栄えする大階段流しびなが用意されています。

 

大階段ですが、普通は6段程度になりますが、

10段、20段と非常に大きな雛段が見られることになります。

 

流石に100段とまではいかないものの、

一般家庭では用意できないようなものが見られることでしょう。

 

流しびなですが、川に見立てたところに、

船に乗せた雛の状態を呼ぶそうです。

 

言葉では説明しにくいため、以下画像を見ていただけるとすっきりするでしょう。

 

出典 http://www.yamato-koriyama.com

 

画像を見る限り、なかなか面白いもののように思います。

 

この大和なひな祭りを知るまで、

こういうものを知らなかったので、いい勉強になります。

 

実際は間近で見る方がもっと参考になるでしょうし、

またその他のイベント、例えば音deつなぐ大和な雛まつりがあったりと

堪能できるものが揃っているようなので、よろしければ参加されてもいいでしょう。