上野東照宮ぼたん苑で行われている冬牡丹2016が、

そろそろ終わりを迎えつつあります。

 

2月28日(日)が最終日ということあり、見納めということで、

冬牡丹を見ようと、多くの人がなだれ込んでくるのかもしれませんね。

上野東照宮ぼたん苑、冬牡丹2016について。

 

東京都台東区にある上野東照宮ぼたん苑ですが、

1月1日から行われ、ついにフィナーレとなる28日(日)に迫ってきました。

 

タイトルにある通り、旬を迎える冬牡丹が目玉となります。

 

牡丹は、二期咲きと呼ばれるもので、

つまり見ごろが2回ある珍しいものです。

 

それが上記の開催中に見ることができることにあります。

 

さて、牡丹には様々な種類があり、

「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」などあるものの、

今回のお祭りでは、「寒桜」「三椏」「枝垂れ梅」「白梅」というものがあります。

 

以下の画像が一例となります。

 

 

https://twitter.com/follow_glay_uta/status/691996537623150592

 

現在2月の中旬となりますが、ここを過ぎると暖かくなってくる頃合いでしょうが、

ネット情報ではまだ大丈夫だということで、それを信じて足を運んでみたいところでしょう。

 

これを逃すとまた来年になりますが、

二期のもう一つ、春牡丹にかかるイベントがあり、

4月~5月上旬春の牡丹まつりが行われます。

 

今回ご縁がなかったとしても、

次の機会で是非とも牡丹を楽しんでいただきたい次第でしょう。