横浜中華街で行われる2016年の春節ですが、

2月22日(日)が最終日となっています。

 

イベントやお祭りの最終日は必ずと言っていいほど盛り上がるものなので、

是非とも会場へ足を運び催し物を楽しみつつ、

中華料理に舌鼓を打ってはいかがでしょうか。

横浜中華街、春節の歴史について。

 

横浜中華街で行われる春節ですが、

1986年から実施されてきて、はや30回目を迎えることになります。

 

それだけ昔からある中華街、また由緒あるお祭りになろうかと思います。

 

中華街へ実際に足を運んだことがある人であればわかるでしょうが、

本格的な中華料理を味わえますし、神奈川県での観光に欠かせない場所となります。

 

実際多くの在日中国人がいて、一つの世界観を形成しています。

 

それが特に顕著になって表れるのが、中国の正月に相当する春節でしょう。

 

春節2016での、開催イベントについて。

 

横浜中華街で行われる春節ですが、

獅子舞や龍舞、皇帝衣装のパレードといったものがあります。

 

また中国では商業の神として奉られている関羽が

この春節のお祭りに出張ることも忘れてはいけないでしょう。

 

関羽は、三国志で蜀の劉備に仕えた名武将ですが、

最後は呉によって打ち取られてしまうものの

呂布に勝るとも劣らぬ英雄の一人ですね。

 

流石に中国4000年の歴史は伊達ではないでしょうし、

楽しみどころはたくさんあります。

 

土曜日、2月20日にお勧めするのが、祝舞遊行です。

 

この中身ですが、上記で取り上げた皇帝衣装隊や獅子や龍のパレードです。

もちろん関羽も出てくるのではないかと思います。

 

時間は16時からで、山下町公園からスタートし、

関帝廟通り→福建路→西門通り→中華街大通り→ 南門シルクロードと回って、

最後にまた山下町公園に戻ってくるというものになります。

 

 

最終日の日曜日にお勧めしたいのが春節娯楽表演というイベントです。

 

中華街内の山下町公園で、

は獅子舞・龍舞・舞踊・中国雑技などの中国伝統芸能を堪能することができます。

 

詳細についてですが、2月21日(日)に4回にわたって行われます。

 

  • 14:30~15:30
  • 16:00~17:00
  • 17:30~18:30

 

お勧めは寒くなる前の1、2回目になりましょうか。

 

最近暖かくなりつつあっても、まだ2月ということで、

防寒具をしっかり見つけて参加していただきたいところでしょう。