日光で開催される弥生祭りという行事が毎年4月に開催されることになります。

 

観光と共のこのお祭りを鑑賞できると、より楽しみが増えることでしょう。

 

弥生祭りは、複数日開催されることから、その日程などを紹介していきます。

日光の弥生祭りの日光二荒山神社と日程について

日光二荒山神社

 

お祭りの会場となる、日光二荒山神社ですが、ユネスコの世界遺産に「日光の社寺」となる格式ある神社となります。

 

確かに日光東照宮よりも知名度は落ちるものの、奈良時代からつくられているということで、重要度は格別なものがあります。

 

さて、弥生祭りも同様に奈良時代より行われていますが、例祭りは毎年4月17日午前10時より行われます。

 

やはりそこが大きな見どころとなりますが、以下いろいろな式典がその前に入ってきます。

 

4月13日 神輿飾祭
献灯式

4月14日 滝尾神社神輿渡御発輿祭
酒迎式
滝尾神社神輿着輿祭

4月15日 氏子大祭

4月16日 滝尾神社神輿還御発輿祭
本社本宮神社神輿発輿祭
高天原神事
本社・滝尾・本宮神社三神輿還御着輿祭
【宵まつり】各町家体二荒山神橋集結
【宵まつり】宵まつり式典
【宵まつり】登橋神事・手打ち式
※宵まつりスタンプラリー開催

4月17日 例祭
三神輿本宮渡御発輿祭
三神輿本宮着輿祭
三神輿本宮還御着輿祭
東西両町家体献備
奉納余興
神明廻り
拝殿前手打ち式

 

これらすべての日程を通じて参加することが難しいことから、最終日となる例祭を狙って会場入りすることをおすすめします。

 

かなりの歴史を誇ることから、当日の混雑もすごく、早めに向かわれるといいでしょう。