東京都の上野で開催される、うえの桜まつりがありますが、その屋台や駐車場について紹介します。

 

東京の都心での開催ということもあり、非常に人気のある花見の観賞スポットで、220~230万人もの方が訪れることで知られています。

 

1200本もの綺麗な桜は壮観で、関東在住の方におすすめできるでしょう。

 

今回は桜の花見に欠かせない要素のひとつ屋台と駐車場情報を紹介します。

うえの桜まつりの屋台の屋台について

うえの桜まつり

 

まずうえの桜まつりの開催日時は、3月下旬~4月上旬までの期間となります。

 

およそですが、20日程度で、桜が開花している時期にずっと行われています。

 

桜を見るだけれあれば、会場の上野公園は午前5時~午後11時までの時間内であれば、いつでも来場していただいて構いません。

 

夜の時間帯になると、上記の画像のようにボンボリの灯りが点灯し、風情ある夜桜を見ることができるので、午後の参加が望ましいでしょう。

 

そして屋台などのお祭り気分を味わうこととなれば、お昼くらいから午後9時までに参加させるのが無難です。

 

もちろん店舗ごとに営業時間が違っているので、ツイッターなどの情報を参照しながら出向かれるといいでしょう。

 

露店や屋台の場所ですが、上野公園をはじめ、上野東照宮境内そして不忍池の周囲に広がっています。

 

やはり人気のスポットになりますので、相当の数の出店になりますので、屋台飯であれば大抵のものが手に入りますので、欲しいものを探して散策してみてはいかがでしょうか。

 

うえの桜まつりの駐車場について

 

東京都上野区での開催となりますので、基本的に電車でのアクセスをおすすめします。

 

こうしたお祭り関係だと、都心の交通規制によって一気に車の流れが悪くなる事情がありますので、ある程度離れたところに車を駐車させて、電車移動が折衷案でしょうか。

 

それでも車でできる限り近い場所に止める場合には、以下のところがおすすめです。

 

上野駅駅前駐車場

リパーク東上野3丁目第4・・・東上野3丁目20

パラカ 上野第2・・・台東区上野7-7

上野恩賜公園第一駐車場・・・台東区上野公園6

 

上野駅から徒歩数分圏内の駐車場ですが、近辺まで車で寄せるのが大変かと思いますので、その点はご注意いただきたいです。

 

~交通渋滞を避ける、現地の移動で迷ったを助けるナビアプリ~

最新のリアルタイム情報を反映するので、親しみのない土地の駐車場探しにおいては、スピーディーに動くことができます。

また徒歩の細かい情報まで参照してくれるので、迷いやすい方であれば、インストールするとよろしいかと思います。

もちろんお祭りだけでなく、使い慣れればさまざまな活用方法がありますので、日常生活による利用もおすすめです。

標準タイプ
日本最大級のナビゲーションサービス【NAVITIME】

ドライバー専用
⇒ NAVITIME【ドライブサポーター】


日本人が好きなお花見の季節ということもあり、また年度の切り替わりもあり、ハメを外したくなる気持ちは大いに理解、共感できるところではあります。

 

しかし飲みすぎと廃棄する予定のゴミをしっかり持ち帰ることは事前の段階でしっかり準備することをお願いしたします。