北海道の網走市で、2月で盛況となる雪まつりの中で、こちらはあばしりオホーツク流氷まつりが開催されることになります。

 

網走というとオホーツク海に面した地域で、漁業関係が有名な場所になりますが、この時期にはその寒さを利用しての氷の祭典があるということで、比較的遠い場所からも参加する人がいるものになりますので、地元自慢のお祭りでしょう。

 

今回現地での駐車場や混雑について紹介していきます。

あばしりオホーツク流氷まつりの駐車場や混雑ぶりはどんな感じ!?

 

2月の上旬にかけて行われる、このお祭りですが、9~10万人程度の来場者を招いており、現地では相当の賑わいになります。

 

こうした活気あふれる行事ですが、開催当日は、駐車場関係は早めに埋まることとなります。

 

現地付近では、第一駐車場と第二駐車場の二つが用意されており、前者が距離的にも近いですが、すぐに満車となるため、早朝に出かけないのであれば、第二駐車場へ行くのが無難でしょう。

 

そして後者を利用する場合には、無料のシャトルバス経由で、会場入りという段取りです。

 

~無料でできる駐車場、現地対策~

ナビタイム

リアルタイムで情報が反映されないというデメリットはありますが、無料版では事前にどこに駐車場があるかを把握するのに役立ちます。

また駐車場をはじめ、ガソリンスタンド、コンビニなど道中で立ち寄る必要のある場所も瞬時に回答してくれます。

⇒ ナビタイム(無料版)

 

大抵の場合では、迷うということは少ないですが、スムーズに回れるために、ちょっとした準備をしておくとよろしいかと思います。

 

楽しいあばしりオホーツク流氷まつりになれば幸いです。