山口県萩市で毎年2月中旬から3月下旬までの1か月間にわたり、萩・椿まつりが行われることになります。

 

このお祭りの醍醐味は、約10haの敷地に詰められた約25000本にもなるヤブツバキが見ごろを迎えるということで、観光客を誘う名物のひとつとなります。

 

期間が長いものの、人もそれなりに多く来場しますので、駐車場や混雑、交通規制対策が対象なりとも必要となります。

萩・椿まつりの駐車場や混雑はどうする?

 

お祭り会場への現地入りまでにおよその交通ルートは、車での移動になるかと思います。

 

ちなみに笠山椿群生林が会場となりますので、その周囲にある笠山虎ヶ崎第1・第2駐車場、臨時駐車場の利用がおすすめです。

 

開催期間中ですが、の土・日・祝日は駐車料金300円なものの、平日は無料になっています。

 

~交通渋滞を避ける、現地の移動で迷ったを助けるナビアプリ~

最新のリアルタイム情報を反映するので、親しみのない土地の駐車場探しにおいては、スピーディーに動くことができます。

また徒歩の細かい情報まで参照してくれるので、迷いやすい方であれば、インストールするとよろしいかと思います。

もちろんお祭りだけでなく、使い慣れればさまざまな活用方法がありますので、日常生活による利用もおすすめです。

標準タイプ
日本最大級のナビゲーションサービス【NAVITIME】

ドライバー専用
⇒ NAVITIME【ドライブサポーター】


 

平日はやはり仕事などがあり、空いてるものの、土日ではフォトコンテストや俳句コンテストなどの催しがあることから、多少の混雑でもそちらの日程で参加されることがおすすめです。

 

ヤブツバキも含めて、オフの時間をゆったり過ごせれば幸いです。

 

~無料でできる駐車場、現地対策~

ナビタイム

リアルタイムで情報が反映されないというデメリットはありますが、無料版では事前にどこに駐車場があるかを把握するのに役立ちます。

また駐車場をはじめ、ガソリンスタンド、コンビニなど道中で立ち寄る必要のある場所も瞬時に回答してくれます。

⇒ ナビタイム(無料版)