さっぽろ雪まつりは、北海道を代表する有名なお祭りで、冬の時期になると、雑誌でも特集が組まれるほどの注目を浴びています。

 

その分開催期間中は、大勢の人で賑わうことになりますが、反面駐車場や混雑がひどいことでも知られていますので、しっかり対策を施すことが必要かと思います。

さっぽろ雪まつりにおける駐車場について。

 

さっぽろ雪まつりは、6日間ほどの開催で、260~270万人ほどの動員数を誇る規格外のイベントとなっています。

 

場所はご存知の通り、北海道の札幌市のど真ん中ということからも、その他の観光目的でも立ち寄ることから、これほどまでの規模の行事となりました。

 

そういうところへ行くと、会場近辺一帯に他のお祭りよりも、広く交通規制が敷かれているものですし、事前にプランを組んで対策したいところです。

 

~無料でできる駐車場、現地対策~

ナビタイム

リアルタイムで情報が反映されないというデメリットはありますが、無料版では事前にどこに駐車場があるかを把握するのに役立ちます。

また駐車場をはじめ、ガソリンスタンド、コンビニなど道中で立ち寄る必要のある場所も瞬時に回答してくれます。

⇒ ナビタイム(無料版)


そしてお祭り当日には、大勢の人だかりができているので、会場周辺の混雑状況を加味して、空いていそうな駐車場を探すことになります。

 

カーナビでもしっかりしているものだと、リアルタイムで情報を反映してくれるので、比較的早く見つかるかと思います。

 

~交通渋滞を避ける、現地の移動で迷ったを助けるナビアプリ~

最新のリアルタイム情報を反映するので、親しみのない土地の駐車場探しにおいては、スピーディーに動くことができます。

また徒歩の細かい情報まで参照してくれるので、迷いやすい方であれば、インストールするとよろしいかと思います。

もちろんお祭りだけでなく、使い慣れればさまざまな活用方法がありますので、日常生活による利用もおすすめです。

標準タイプ
日本最大級のナビゲーションサービス【NAVITIME】

ドライバー専用
⇒ NAVITIME【ドライブサポーター】


確かにお祭りということで、混雑していた方がかえって面白いのが特徴ですが、あまりにもひどすぎると考えものですが、期間限定の年1回の貴重なイベントなので、大いに楽しまれるとよろしいかと思います。