埼玉県の秩父市で、桜の時期になると注目されるものに、秩父の芝桜があります。

 

法善寺をはじめ、長瀞桜並木、羊山公園のそれが有名どころとなります。特に羊山公園のそれは、膨大な敷地を埋め尽くさんばかりに桜が占めることから、全国的にも関心が高くあります。

 

2017年の冬が非常に寒く、春の訪れが多少遅くなりそうな雰囲気がありますが、果たして開花の見ごろはいつ頃になるのでしょうか。

秩父 芝桜2017の開花の見ごろ予想。

 

埼玉県でも北部に位置する秩父市ですが、全国の花見の時期よりも多少ながら開花の見ごろが遅めになる印象です。

 

例えば東京の桜の見ごろは、3月下旬から4月頭までとなりますが、秩父であれば4月上旬から中旬ごろ、遅いものになると、4月下旬に見ごろを迎えるところもあったりするようです。

 

羊山公園の状況ですが、2017年1月時点での判断になるもの、ひょっとすると4月下旬に指し悪化る当たりにピークになる可能性が高いでしょう。

 

羊山公園の芝桜は、前年では4月15日~5月8日になりますが、やはり満開の状態で花見をしたいでしょうし、ツイッターなどのSNSやニュースで現地の情報を収集しつつ、お出かけになられた方がよろしいでしょう。

 

余談になりますが、現地の芝桜は、ピンクや白を中心に11種、40万株に及び、花化粧のような華やかさがあります。

 

開催期間中では、屋台や販売所が軒を連ねることから、飲食含めて楽しめるスポットに様変わりしますので、家族連れによる観光もおすすめするところです。