群馬県高崎市にある有名な榛名湖がありますが、毎年冬になるとイルミネーションが点灯することになります。

 

夕方以降に本番となりますが、同時に花火も打ち上げられることになりますので、花火の時間帯に合わせてイルミネーションを鑑賞すると、よりロマンチックになるかと思います。

花火の時間帯について。

イルミネーション

 

2016年の榛名湖でのイルミネーションは、12月9日(金)~26日(月)までの2週間ほど続くことになります。

 

イルミネーションの時間は、17:00~22:00までと遅くまで点灯することになりますが、肝心の花火の時間はいつになるのでしょうか。

 

花火の日程ですが、12月9日(金)、12日(月)、15日(木)、19日(月)、22日(木)、26日(月)の計6日間で行われ、20:30(9日(金)は17:30)より10分程度、花火が打ちあがることになります。

 

スパンとして花火の時間が非常に短く設定されているので、しっかり計画をして観に行かないと、イルミネーションと同時に観賞することが難しくなっています。

 

ただ年に一度で貴重なイルミネーションとのコラボとなる花火の打ち上げは壮観なので、該当日にお越しの際は、タイミング合わせは必須だと思われます。

 

花火の見どころについて。

花火

 

榛名湖のイルミネーションも捨てがたいですが、花火にも短いながらも、観客を惹く見どころが用意されています。

 

それは上記の画像のように、放出される演出になります。

 

国内最大級を誇るレーザー装置を用いて、このような煌びやかな、色とりどりの光を放って、忘れられないような素敵な思い出を作り上げてくれることでしょう。

 

椎名湖の名物にもなるので、写メを用意してスタンバイするのもおすすめです。

 

余談ですが、鑑賞の場所の候補として、ロープウェイがあります。

 

その中もしくは山の上からイルミネーションや花火を見るのは壮観だと評判で、参考にされるとよろしいかと思います。

 

榛名湖イルミネーションにおける混雑について。

椎名湖

 

榛名湖イルミネーションフェスタですが、群馬県内のイルイネーションでナンバー1の知名度を誇り、毎年およそ13万人が訪れる人気のスポットとなります。

 

そのため開催期間中は、とにかくひどい混雑が予想されます。

 

特にクリスマスの24日、25日はカップル含めての来場が見込まれることからも、混雑が苦手である場合には、避けた方がいいでしょう。

 

逆に比較的すいている日時になりますが、およそ平日であれば、混雑がある程度解消されることになります。

 

状況によりけりですが、火曜日、水曜日あたりがベストになっています。

 

頃合いを見計らって楽しくイルミネーションや花火を鑑賞できればと思います。