兵庫のイルミネーションで有名なスポットに神戸イルミナージュがあります。

 

2011年に初開催となるイルミネーションイベントになりますが、老舗のような歴史はありませんが、大規模な技術を投入することで、大いに煌びやかなものに仕上がっています。

 

本イベントにおける評判踏まえて見ていきたいと思います。

神戸イルミナージュのイルミネーション目玉について。

 

神戸市立フルーツフラワーパークで開催されている神戸イルミナージュですが、大きく分けて3つの見どころがあります。

 

それは、白夜の神殿イルミネーションギミックタイムトンネル、そしてイルミネーションギミックショーになります。

 

神戸イルミナージュ

 

まず白夜の神殿ですが、ホテルの外観にぎっしりイルミネーションの備品を取り付けて、夜空に輝く白銀を表現しています。

 

そして、ホテルの仕様が海外の建築物ということもあり、はるか遠くの世界へ旅行しに行ったような気分にさせてくれます。

 

続いてイルミネーションギミックタイムトンネルというものですが、海外のアーティストによって手掛けられた作品となっています。

 

イルミネーションギミックタイムトンネル

 

ネーミングは非常に長ったらしいですが、出来上がっている作品は非常に優秀に思えます。

 

電飾の使い方もバッチリで、神戸イルミナージュの名物にもなりそうです。

 

最後にイルミネーションギミックショーについてです。

 

イルミネーションギミックショー

 

いたって普通のイルミネーションに見えますが、音と光のライブショーということで、神戸イルミナージュの広大なスペースを使っての演出で、とてもダイナミックな迫力があります。

 

なかなか都市圏で大規模なものは見られないので、関西圏にお済の方は、必見のイベントでしょう。

 

神戸イルミナージュの評判は如何に!?

 

これらの斬新な取り組みがあることからしても、特に若い方にとって評判がいいように思えますが、果たしてどんな感じに受け止めて評価しているのでしょうか。

 

 

寒い、混雑するといった不満点は多少なりとも散見されたものの、全体的な評価としては高いように感じました。

 

今後もイルミネーションにかかる意見を参考に、神戸イルミナージュをブラッシュアップしていければいいでしょう。