北海道の十勝川温泉にまつわるイベントにおとふけ十勝白鳥まつりがあります。

 

そのイベントでは、他のお祭りではまず味わうことのできない、彩凛華があり、その中身について紹介してきたいと思います。

おとふけ十勝川白鳥まつりの彩凛華はどういうもの!?

白鳥まつり

 

北海道の十勝川は非常に有名な川になりますが、その地域の売りとなる温泉も同様です。

 

現時点では、白鳥まつりは誰もが知るというわけにはいきませんが、そのお祭りを象徴する彩凛華を見ると、印象深くなるかと思います。

 

彩凛華

 

赤、青、紫、黄色などの様々なライトが三角錐の小型のテントの中に納まり、真っ暗な夜を寺照らすこととなります。

 

ちなみに毎年19時頃には、1部の光のファンタジックショーや2部の光のエレクトロダンシングショーという音楽花火が行われることになります。

 

ゆったりとしたテンポであったり、激しいリズムに合わせて様々なタイミングで打ちあがる花火は、彩凛華をより映える形で照らしてくれるので、もはや絶景と言えるでしょう。

 

さて、この白鳥まつりに参加する場合、大抵は日帰りではなく、宿泊を含めた旅行ということになりましょうが、その時間と手間をかける価値があるイルミネーション、彩凛華になっているかと思います。

 

幸い温泉街なので、しっかりと温泉を利用して、楽しい旅にしてみたいところです。