長野県飛騨高山で行われる氷点下の森のイベントがあります。

 

毎年1月1日から2月の第2土曜日まで開催されることになりますが、場所的に考えて非常に気温が低い地域になりますので、注意が必要です。

氷点下の森の厳しい気温について。

氷点下の森

 

氷点下の森という名称のイベントということで、開催場所が長野でも飛騨高山という非常に寒い場所になります。

 

どれくらい寒いかというと、冬の季節には気温が0℃以下の氷点下に達し、-10℃いかにもなるそうです。

 

長野のとある場所で、車の中にペットボトルの水を置き忘れて、一晩過ぎて戻ってきたときに車内でありながら、凍ってしまっているようなケースがあるので、北海道並みの気温と考えなけければなりません。

 

そんな厳しい気温だからこそ、赤、青、緑の幻想的で、本格的なイルミネーションを楽しむことができます。

 

秋神温泉や服装、装備について。

秋神温泉

 

氷点下の森のイベントに参加すると、場所的に秋山温泉の宿泊施設を利用することになります。

 

美味しい料理や暖かい温泉は、心身共に癒しになるので、この上ない娯楽になるかと思います。

 

なお、現地入りする際には、気温の件でしっかりした防寒着と専用のシューズを購入しておくといいでしょう。

 

特に関東圏からお越しの場合だと、念入りに準備するに越したことはありません。

 

気温の状態など、最新の情報を手に入れた上で、旅行に出かけるといいでしょう。